モルトとホップの旨味を生かした「トゥーイーズ ニュー」はワイルドな味わいのラガービール!

 

歴史を紐解くとオーストラリアがイギリスの移民から始まったように、オーストラリアでのビールの製法もその流れを組みイギリスで主流だった上面発酵より始まりました。

1900年代に入ると次第にラガーブームが訪れ、トゥーイーズも1931年にラガービールであるTOOHEYS NEW(トゥーイーズ ニュー)を製造販売します。

それまでトゥーイーズでも上面発酵のビール「トゥーイーズ オールド ダークエール」がありました。

このビールは下面発酵のラガータイプのビールなので「NEW(ニュー)」の名前がつけられました。

トゥーイーズニューはスポーツイベントや番組のスポンサーになっているのかよく見かけますし、オーストラリア国内での認知度も高いようです。

ビール詳細

TOOHEYS : NEW(トゥーイーズ : ニュー)

ラベルに描かれているヘラジカ(?)と「TOOHEYS BROTHERS」は「トゥーイーズ オールド」と同じですね。

その下にしっかりと「NEW」と書かれています。

ボトルは「トゥーイーズ オールド」と同じく375mlのものでショルダー部分には「ジョン」と「ジェームス」のサインが刻印

産地

ニューサウスウェールズ州 シドニー郊外リッドカム

ビール種別

ラガー

アルコール度数

4.6% フルストレングス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

爽やかなホップの香り、グラスに注ぐと泡立ちもよく時間を置いてもそれほど消えません

深みのあるゴールデンカラー

テイスト

一口飲んだ瞬間、これは飲みやすい!と感じるビールです。

苦味もほどほどに抑えられているがちゃんとホップの味わいもあり、フルフレーバーと書かれているように味もしっかりしており、後味にほのかに甘みも残るのですがさっぱりしています!

おわりに

とにかくバランスが良く飲みやすい、グビグビいけちゃいます。

ビールの種類はラガーなんですが、日本のラガービールとは全く違います。

日本のラガービールが繊細に醸造されているとするならばトゥーイーズニューは麦芽、ホップそのままの味を生かしたワイルドに醸造されたビールではないでしょうか。

参考トゥーイーズオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

LAGER/PILSNERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント