コレを飲まなきゃ始まらない!オーストラリアの代表的ビールといえばやっぱり「ビクトリアビター」!

 

オーストラリアに来た当初、「とりあえずビール」でよく飲んでいたのがこのビクトリアビター

通称「VB(ヴィービー)」と呼ばれています。

ビクトリアビターの歴史は古く1854年代、Thomas Aitken(トーマス エイトキン)によってビクトリア州で最初の醸造所Victoria Brewery(ビクトリア ブルワリー)で開発されました。

現在はオーストラリア最大のビール醸造所カールトンアンドユナイテッドブリュワーズで醸造されています。

現在も当時と変わらないレシピを受け継いで醸造されており、オーストラリアでの出荷量は断トツで圧倒的な売り上げを誇っているビールです。

スポンサーリンク

ビール詳細

Victoria Bitter(ビクトリア ビター、通称ヴィービー)

ビクトリア ビター(Victoria Bitter)」略して「ヴィービー(もしくはブイビー)(VB)」な訳ですが、ロゴマークもそのまんまです。ラベルには何一つの絵柄も無くロゴマークがデカデカと真ん中に配置されているだけです。

スタビーはネックの部分がなくずん胴な瓶のデザインで、王冠を反時計回りにひねるとプシュッと言うと共に開栓できたことを確認できます。

販売されているビール瓶サイズは、一般的な375mlスタビー、ロングネックと言われる大瓶、そして缶があります。

産地

ビクトリア州、メルボルン

ビール種別

ラガー

アルコール度数

4.9%、フルストレングス

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

開栓して立ち上がる薄白い気体に鼻を近づけると、ほのかに麦芽の香りがします。泡が立つようにグラスに注ぎましたが、3分も経たないうちにほとんどなくなってしまいました。

淡いアンバー(琥珀)色です。

テイスト

ラガービールを飲み慣れているからでしょうか、第一印象はクセもなく飲みやすいなという感じです。名前にビターとついているようにホップの苦味は効いていますがが、そこまで際立ったものではありません。若干後味で苦味が残りますがすぐに消えます。

おわりに

オーストラリアにいるならば必ず目にするであろうビール。味的にいえばオーストラリアで飲むビールとしては一般的です。今回は色を確認するためにグラスに注ぎましたが、普段はスタビーに直接口をつけてゴクゴク喉を鳴らして飲みたいビールです。苦味もそれほどなく後味にもそれほど残らないのでガブガブといくらでも飲んでしまいそうです。

参考ビクトリア ビターオフィシャルサイトはこちら(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

LAGER/PILSNERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント