フルーツビールとは違った味わい「ホップネーション アシッドヘッド」は独特の酸味とEarthyな風味のビール!

 

ホップネーションのラベルはどれも個性的で、ボトルショップに行くと絶対に惹きつけられます。

今回はそんなホップネーション アシッドヘッドのラベルがあまりにも衝撃的すぎて手に取らずにはいられませんでした。

さて、ホップネーションブリューイングですが、他のクラフトビールの会社と同じように歴史は浅く、2015年に最初のビールTHE FIENDというIPAがリリースされています。

やっぱり短期間で知らしめるためにはインパクトのあるラベルが必要なのでしょう。

HOP NATION BREWING CO. : ACID HEAD HOPPY SOUR(ホップネーションブリューイング : アシッドヘッド ホッピーサワー)

ラベルのデザインが衝撃的な絵柄です。

マッシュルームヘアカットの少年が涎を垂らしながら電池をなめている。

しかも両眼から魂が抜け出してるようなアート。

いや、これはアートと言えるのか?

産地

ビクトリア州 メルボルン フットスクレイ

ビール種別

(サワー)エール

アルコール度数

5.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

パッションフルーツ、そして柑橘系のフルーティな香りが漂います

泡立ち

泡立ちはそれほど良くなくすぐに消えてしまいます

ほんの微かに濁りのあるイエローゴールド

テイスト

酸っぱい!

一口口に含んですぐにわかるのがその酸っぱさ。でもサッパリ。

そしてどことなく土気臭さ(Earthyな味わい)を感じます。

ビール自体は微炭酸で飲みやすく、ビールが喉元を過ぎる頃、そして後味にやはり他のビールに類を見ない酸っぱさと微かな甘さを感じ取ることができます。

おわりに

このような独特の酸味のあるビールは初めて飲みました。

レモンやライムを加えたフルーツビールとこの独特の風味をもつビールは全くの別物。

このビールも好き嫌いが別れるビールでしょう。

参考ホップネーションブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント