口に含んだ瞬間からホップの旨味全開「ニューステッド トゥ トゥ ザ ヴァリー IPA」がにが美味い!

 

ブリュワリーの名前にもなっているNewstead(ニューステッド)

ブリスベンリバー沿いにあるこのサバーブにはニューステッドハウスがあります。

これはクイーンズランド州最初の総督のために建てられたコロニアル様式でブリスベン最古の民家です。

そして、歴史を感じさせるニューステッドからほど近く若者で賑わい、ブリスベンでもお洒落のサバーブとして知られるFortitude Valley。

そんなヒストリカルでファッショナブルな街で作られるビール、ニューステッド トゥ トゥ ザ ヴァリー アイピーエーを買ってみました。

わたしは数本に一本、もしくはおなじビール会社のビールを続けて紹介していくときにかならずIPAを飲んでいます。

どっぷりとIPAの魅力にハマっているのかIPAを飲むときには心なしうれしくもあります。

さて、今回のIPAどんな味わいなのか楽しみです。

スポンサーリンク

ビール詳細

NEWSTEAD BREWING CO. : TWO TO THE VALLEY INDIA PALE ALE(ニューステッド ブリューイング カンパニー : トゥ トゥ ザ ヴァリー インディア ペールエール)

デザインは赤地の缶にチョキマークのロゴ。その上に会社名と製品名が入っています。

缶の裏面にはアルコール度数、IBU、カラー数値に加え、味わいのヒントになることが書かれています。

産地

クイーンズランド州 ブリスベン ニューステッド&ミルトン

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

6.4%

IBU

72

テイスティングノート

香り

ホップのフルーティで爽やかなオレンジピールの香りが強く立ち込めます

泡立ち

泡立ちもフワフワです。

濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

口に含んで鼻腔に抜ける香りはちょっとモルティな香り。

舌の上でビールが喉へ流れこもうとする頃はモルトの甘味がフワーッとした感じで広がります。

そしてビールが喉元を過ぎる頃にホップの苦味と旨味が一気にブワーッと口の中に広がります。

また後味でもその苦味の余韻を楽しむことができます。

おわりに

これは美味い!

こんなにが美味いIPAをクイーンズランド州でも造ってるなんて!と思わせてくれるIPAです。

ホップヘッズなビール好きならブリスベンに来たら試すべき一本かもしれません。

参考ニューステッドブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント