「ホーカーズ セイント ヒルデガルト」ホップのアロマとフレーバーが最大限に引き出されたビール!

このブログを始めた頃に注目していたブリュワリーホーカーズ ビア

今回はそのホーカーズ ビアのリミテッドリリースビール、セイント ヒルデガルト コールド IPAです。

このコールドIPAというビールスタイル、実は当ブログでも1本だけ紹介しています。

ということで、コールドIPAについて少し調べてみました。

一般的なIPA(インディア ペール エール)はその名の通りエール酵母を使用していますが、はコールドIPAはラガー酵母を使用することによりホップのアロマとフレーバーを強調しドライな仕上がりに仕立てたビールです。

そう、エール酵母ではなくラガー酵母を使っている点が大きな特徴です。

そして、「コールドIPA」という名前の由来も一般的なIPAを造るエール酵母よりも低い温度で発酵するラガー酵母を使ってIPAのようなビールを造ったためそう名付けられたと言われているそうです。

また、ラガー酵母を使ってエールビールを造る時のように高温で発酵させるカリフォルニアコモンスチームエール)というビールとも共通点があります。

ふむふむ…ということはIPAじゃない?

なんかいろいろこんがらがってきましたが、とにかくどんな味わいなのか飲んでみましょう。

ビール詳細

HAWKERS BEER : SAINT HILDEGARD COLD IPA(ホーカーズ ビア:セイント ヒルデガルト コールド IPA)

ラベル

440ml缶にステッカーを貼り付けたタイプのもので、正面にホップの絵柄が描かれています。

ビールスタイル

コールドIPA

アルコール度数

440ml、7.0%、2.4スタンダードドリンクス

IBU

ブリュワリー

Hawkers Beer

167 Henty St, Reservoir VIC 3073

製造日

パッケージ日:表記なし

Best Before:2023年9月8日

飲んだ日:2023年7月28日

テイスティングノート

香り

レモン、ライムのような柑橘の香り、樹脂の香り、白ワインのような香りも。

泡立ち

ほとんど泡立ちませんでした。

ほんのわずかに濁りのあるイエローゴールド。

テイスト

樹脂のような香りとドライな白ワインのような香り、そして松脂の香りが強く漂います。

その後わずかながらのアルコール臭とともにホップの強く刺々しい苦味が広がり、そんな中にもフルーティさが

モルトの甘さはあまり感じることはなく、ホップのアロマとフレーバーが強調されているかのような味わい。

後味にはその強烈なホップの苦味が残りますが、最後はラガーのようなキレがあってスッキリ感のある感じ。

ミディアムな炭酸感ながらも舌触りは滑らかでクリーンでドライな飲み口。ミディアムフルなボディ。

おわりに

とにかく純粋にホップのアロマとフレーバーを最大限に引き出し、それを楽しむことを目的に造られたかのようなビール。

ホップのアロマとフレーバーがクリーンでドライな味わいの中で際立っていました。

たくさんのクラフトビールを紹介していくためにサポートお願いします!

Buy Me a Coffee

IPA
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ