「フォーパインズ ストロベリージャムサワー」ハイカーボネーションでシュワッとリフレッシュ!

フォーパインズのビールが続きます。今回はケラードアシリーズ、ストロベリージャム サワーです。

実はこのビール、たまたま立ち寄ったコールス系ボトルショップのLiquorlandというチェーン店で発見しました。

たまには大手チェーン店にも立ち寄ってみるものですね。では、早速飲んでみましょう。

スポンサーリンク

ビール詳細

4 PINES KELLER DOOR : STRAWBERRY JAM SOUR(フォーパインズ ケラードア : ストロベリージャム サワー)

ラベルは缶全体を苺ジャムの入ったクラシカルな容器を思わせるかのようにデザインされています。

全体像はInstagramの360°ビューショートムービーでどうぞ!

ブリュワリー所在地

4F/9-13 Winbourne Rd, Brookvale NSW 2100

ビール種別

サワー

アルコール度数

375ml、3.9%、1.2タンダードドリンクス

IBU

5

製造日

Best Before:2022年5月

テイスティングノート

香り

いや、本当に甘い苺ジャムの香りを感じます。

泡立ち

シュワっと勢いよく泡立ちましたが、程なくして消えてしまいます。

濁りはなくかすかにピンクがかったオレンジゴールド

テイスト

確かに苺ジャムの風味を感じます。そしてそのフワッとした甘さを引き立てるかのようなバランスの取れた酸味。

ホップの風味はチラッと現れますが、ゴクゴク飲んでいればほとんどわからないでしょう。後味はスッキリとしていてキレがあります。

舌を刺激するようなハイカーボネーション、ミディアム-ライトボディで飲みやすくリフレッシュ感満載。

おわりに

個人的にはサワーは好きではないビールタイプですが、このビールは甘味もそれなりにありかなり飲みやすいサワーだと感じました。

またハイカーボネーションということもあってリフレッシュ感抜群です。

==ここからはちょっと個人的な意見==

冒頭でも触れましたが、4 Pinesの中でもKeller Doorシリーズは限定少量生産のビールのはずなのに大手チェーンのボトルショップで売られていました。

これを読まれている方がご存知かどうかはわかりませんが、既に同ブリュワリーはオーストラリア大手のカルートンユナイテッドグループ傘下に入っています。

大手グループ傘下に入る事でその販売網などを利用する事ができるようになりますが、個性的なクラフトブリュワリーとしての色があせてしまうのではないのかなぁと勝手に思ってしまいました。

参考記事中最後にブリュワリーチームは変更なく経営陣も残るとありますが、それがいつまで続き4 Pinesの独自性を残せていけるのだろうかと。

これからの動向少し気になるところです。

>>>「フォーパインズ ストロベリージャム サワー」に似たビール

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント