アルコール度数低めでガンガン飲める「アカシャ リトル スミス」はホップの旨味も楽しめるIPA!

またもや当ブログ「エンジョイ★ビアーズ」に初登場のブリュワリーのビール、アカシャブリューイング リトル スミス IPAです。

 

アカシャブリューイングはビールに対して「Like-minded」、いわゆるビールに情熱を傾け、夢中になっている人たちで成り立っているそうです。

彼らのカルチャーはいたってシンプル。

本当に好きで飲みたいビールを作り、そしてもっとも大切なことはビールを作っている間も楽しむということ。

そして、アカシャブリューイングにいる全ての人にとってビールは生き方なのです。

 

そんな「ビールこそが人生」っていう人たちが作り上げたビール、果たして味わいは如何に?

AKASHA BREWING COMPANY : LITTLE SMITH IPA(アカシャ  ブリューイング : リトル スミス アイピーエー)

ラベルはグリーンの背景にホップがたくさん描かれており、正面には会社名と製品面が描かれているシンプルなものです。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、ホップの絵柄は結構アーティスティックです。

産地

10-12 Spencer St, Five Dock NSW 2046

ビール種別

セッションアイピーエー

アルコール度数

3.5%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

栓を開けると柑橘系の爽やかな香りを感じます

グラスに注ぐと柑橘系の香りに加えてホップの青々しい香りも感じ取れます

泡立ち

真っ白でフワフワの泡が勢いよく立ち上がります

かすかに濁ったオレンジゴールド

テイスト

ビールを最初に口に含んでから鼻に抜ける香りはパインニードル(松)のような香り

少しだけ刺激のある炭酸感を感じます。

舌の上にビールを置いたようにして味わうとホップの軽やかな旨味がジンワリと口中に広がります。

ビールが喉元を過ぎてほんの少しの間だけホップの苦味が残りますが、最後にはキレがあってスッキリしています。

おわりに

ホップの旨味を味わいながらもリフレッシュしたい時にはおすすめ。

アルコール度数が低くめで口当たりは薄くガツンとくるヘビーさはありませんが、しっかりしたホップの旨味を味わえます。

参考アカシャブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント