抹茶のような香り「ビルソンズ スモールバッチ ペールエール」ホップのエグ味が残るビール

 

今回も当ブログ「エンジョイ★ビアーズ」初登場ブリュワリーのビール、ビルソンズ1865 スモールバッチ ペールエールです。

 

ビルソンズ、新しいブリュワリーかと思いきや1865年にビクトリア州北東部のビーチウォースで設立されています。

今でもオーストラリアで最も古い飲料メーカーの一つとして知られているそうです(私は知りませんでしたが・・・)

歴史的に見るとビルソンズブリュワリーではエールとポーター、そしてコーディアル、ミネラルウォーター、ソフトドリンクなどを作ってきました。

*コーディアルとは果実やハーブなどからつくる甘い飲料で、水や炭酸水で割って飲みます。

 

実際建物も古く1872−3年にかけてレンガで作られた建物で現在もそこで醸造が行われています。

2017年後半、歴史的建造物でもある同ブリュワリーは建物の修復を始めた新しいオーナーに引き継がれたそうです。

スポンサーリンク

ビール詳細

BILLSON’S★1865 SMALL BATCH PALE ALE(ビルソンズ スモールバッチ ペールエール)

缶ビールでよく見かけるのは容量375mlで寸胴なタイプの缶ですよね。

でも、このブリュワリーの缶は容量355mlでスリムなタイプのもの、初めて見ました。

産地

ビクトリア州 ビーチウォース

ニューサウスウェールズ州との州境まで約30キロほどのところです。

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

5.2%

IBU

1.

テイスティングノート

香り

栓を開けるとピーチのようなフルーティな香り、そして抹茶のような香りを感じました

グラスに注ぐと栓を開けた時と同じように抹茶のような草っぽい香りを感じます

泡立ち

少し粗めですが泡立ちはよく、フワフワの泡が1cmほど立ち上がります

かすかにヘイジーなオレンジコッパーカラー

テイスト

ビールを口に含んでから鼻に抜ける香りはホップの青々しい香りでしょうか

グラスの底から炭酸が浮き上がってくるからかちょっとしたを刺すような炭酸感。

少量のビールを舌の上全体に行き渡らせるとホップの苦味がジンワリと広がります。

が、どうしても気になるのがホップのエグ味のような味わいをかすかに感じることです。

後味にもそのホップの苦味が残ります。

おわりに

ホッピーなビールなのですがホップのエグ味がちょっと残念でした。

それにしても毎回グラスに口をつけるとき感じる抹茶のような香りはなんなんでしょうか。

参考ビルソンズのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント