Earthyな味わい「キャピタルブリューイング サミットXPA」リフレッシュ感抜群のガブ飲みビール!

キャピタルブリューイングの第4弾、今回はサミット セッション エクストラペールエールです。

 

私はオーストラリアに2001年に移住してきました。

そのため発泡酒まではわかっても第三のビールというのがあるのは朧げに聞いたことがあってもまだ飲んだことがありません。

使用されている原料によってビールだったり発泡酒だったり第三のビールだったりと呼び方が変わるのは面倒臭いなと思ってしまうのは私がオーストラリアに馴染んでしまったからでしょうか 笑

 

オーストラリアではビールはビールであって発泡酒だとか第三のビールだとかの区別はありません。

アルコール度数によって”フルストレングス”や”ミッドストレングス”といったように区別されますがビールです。

オーストラリア人はそこまで細かくは考えない性格、ビールが美味けりゃ全て良し!それで良いじゃないですか。

 

さて、今回のサミットセッションエクストラペールエールもミッドストレングスに分類されるビール。

その味わいはどうなんでしょうか。

CAPITAL BREWING CO. : SUMMIT SESSION XPA(キャピタルブリューイング : サミット セッション エクストラペールエール)

ラベルのロゴマークはムギの穂を羽に見立てた鷹が描かれています。

カラーは淡いグリーン。

産地

building 3/1 Dairy Rd, Fyshwick ACT 2609

ビール種別

アメリカンペールエール

アルコール度数

3.5%

IBU

25

テイスティングノート

香り

プルタブを開けるとピーチのような甘いフルーティな香りを感じます

グラスに注いでも同じようにピーチの香りです

泡立ち

真っ白でキメの粗い泡がグラスのふちまで立ち上がります。

ヘイジーで淡いゴールド

テイスト

最初一口ビールを口に含んでから鼻に抜ける香りはグラッシーなホップの香り

ライトボディで口当たりも軽やかガブガブ飲めます。

香りを感じた後口の中に広がるのはホップの軽やかな苦味とグラッシーでEarthyな大地の味わいが広がります。

後味にはそのEarthyな味わいがかすかに残りますがすっきりとしています。

おわりに

これは飲みやすくリフレッシュ感抜群のガブ飲みビールです。

カラッと暑いオーストラリアの喉の渇きを癒したり、自宅プールでくつろぎながらゆったりと一杯飲んだり、友人たちとBBQやりながらカンパ〜イといろんなシーンで活躍しそうな一本です。

参考キャピタルブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント