「キャピタルブリューイング スプリングボード サマーエール」コリアンダーの風味と麦の華やかな旨味を味わえるビール!

キャピタルブリューイングの第5弾ビールはスプリングボード サマーエールです。

 

オーストラリアに移住して長年オーストラリアに溶け込んで生活していると当たり前になってしまってることがたくさんあります。

中でもオーストラリア人の気さくでフレンドリーな性格は本当に接客向きだなと感じることはいつもです。

 

以前ジェームズスクワイアのThe Charming Squireにいった時のことです。

メニューを見ながら迷っていると聞きもしないのにこのビールはこんな味わいだ、こっちのビールはあんな味わいだ、僕だったらこのビールがこんな味わいでオススメだねっと話しかけてくれました。

 

キャピタルブリューイングにもタップルームがあります。

ウェブで写真を見るとそこで働いているスタッフたちの笑顔が印象的で、本当にタップルームでの仕事を楽しんでいる様子が伝わってきます。

そんなフレンドリーなスタッフのいるキャピタルブリューイングのタップルームに一度は行ってビールを味わってみたいものです。

 

さて、今回のサマーエール、製品名は”サマーエール”となっていますが実はホワイトビールだったりします・・・

CAPITAL BREWING CO. : SPRING BOARD SUMMER ALE(キャピタルブリューイング : スプリングボード サマーエール)

水に浮かんだオレンジピールのバネの上で人がジャンプしているロゴマークのラベルデザインで、カラーはオレンジです。

説明書きでは大好きなプールに飛び込む午後にもってこいのビールとあります。

使用ホップ:Northern Brewer

産地

building 3/1 Dairy Rd, Fyshwick ACT 2609

ビール種別

ホワイトビール

アルコール度数

4.6%

IBU

10

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとフレッシュなオレンジの香りが漂います

グラスに注ぐと麦のモルティな香りとかすかにコリアンダーのグラッシーな香りを感じます

泡立ち

シュワっと一気に泡立ちましたがすぐに消えて無くなり、その後は細やかな炭酸がグラスの底からドンドン浮かび上がってきます

クラウディーなイエローゴールド

テイスト

最初にビールを一口口に含んでから鼻に抜ける香りはモルトの香りとコリアンダーの香りを強く感じます。

香りを感じた後に麦の華やかな旨味を感じるとともに弱めのホップの苦味がジンワリと口の中に広がります。また、若干の酸味も感じます。

ライトボディで飲み口は軽やか、そして後味はモルトの甘味が少し残る感じです。

おわりに

ビールタイプはサマーエールとなっていますが、オレンジピールとコリアンダーの香りがあるためか”ヒューガルデン ホワイト”を思わせるかのような味わいのビールでした。

飲みやすいタイプのビールではありますが、実は私はこのホワイトビールのような味わいはあまり好きではないのです。

参考キャピタルブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント