アルコール度数低めにも関わらず「ジェームズスクワイア ミッドリバー ペールエール」はリッチな飲み口のビール!

 

モルトショベルブリュワリーで醸造されるジェームス スクワイアブランド

よくよくウェブサイトを見てみるとかなりの種類のビールがあって正直どのビールを買ってみようかと迷ってしまいます。

今回はそんなジェームススクワイアの中でもミッドリバーペールエールを飲んでみたいと思います。

JAMES SQUIRE MID RIVER 3.5% PALE ALE(ジェームズスクワイア ミッドリバー ペールエール)

Mosaic、Citra、Hallertau Tradition、Spalt Select、Northern Brewerの5種類のホップに、Pale、Vienna、Munichの3種類のモルトを使用。

ラベルはジェームススクワイアお決まりのデザイン。

ストーリーにあるように船の絵柄が印象的です。

“Mid River”については以下のようなストーリーがあります。

ジェームススクワイアは泥棒で女ったらしでした。しかし彼は稀に見る商才の持ち主でもありました。1806年ジェームスはパラマッタ川とシドニー湾の中間地点(Mid River)にあたるKissing Pointに最初の酒場を作りました。そこは船乗りたちが旅の途中に必ず立ち寄る休憩場だったのです。

産地

ニューサウスウェールズ州 シドニー キャンパーダウン

ビール種別

ペールエール

アルコール度数 

3.5% ミッドレングス

IBU

21

テイスティングノート

香り

シトラスの香りが立ちこめます

泡立ち

泡立ちもクリーミーでフワフワ

かすかに濁ったダークゴールデンカラー

テイスト

一口口に含んで鼻腔に抜ける香りがとてもフルーティ。

微炭酸感がちょうどよく、後味にモルトの甘みを感じることができます。

飲み始めから苦味はそれほど感じることはなく、後味でもよく探さないとわからないくらいにモルトのしっかりとした旨味の後ろに隠れた感じです。

おわりに

モルトの味わいもしっかりとありリッチな飲み口。

それでいてリフレッシュするにはもってこいなビールです。またアルコール度数も3.5%と控えめでゴクゴクといくらでも飲めそうです。

参考ジェームズスクワイアオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント