「ジェームススクワイア ザ チャンサー ゴールデンエール」は夏場冷やしてガンガン飲める喉越しの良いビール!

 

Dr.Charles Hahn(チャールズ ハーン博士)によりHahn Brewery(ハーンブリュワリー)の跡地で立ち上げられたモルトショベルブリュワリー。

そこで醸造されるジェームス スクワイアブランドの一商品であるゴールデンエール。

面白ことにモルトショベルブリュワリーで醸造されるビールのブランド名は「ジェームス スクワイア」で統一されています。

もちろんこの「ジェームス スクワイア」というのは人物名です。

そして、ブリュワリー名の「モルトショベル」も彼によって立ち上げられた「The Malting Shovel(ザ モルティング ショベル)」という酒場名に由来しています。

今回はそんなジェームス スクワイアのザ チャンサー ゴールデンエールを買ってみました。

「ジェームススクワイア ワンフィフティラッシィーズ ペールエール」はしっかりとしたモルトの甘みを感じることができるビール!
Dr.Charles Hahn(チャールズ ハーン博士)によりHahn Brewery(ハーンブリュワリー)の跡地で立ち上げられたブリュワリーで醸造されるペールエール。 実はこのチャールズ ハーン博士はハーンブリュワリーも創設しているのです。 ...
スポンサーリンク

ビール詳細

JAMES SQUIRE THE CHANCER GOLDEN ALE(ジェームス スクワイア ザ チャンサー ゴールデンエール)

Amarillo(アマリロ)アロマホップとPale、Munich、Crystal、Wheatの4種類のモルトを使用。

One Fifty Lashesと同様にラベルはボディ部分にJames Squireのブランド名、商品名、ビールスタイルと右下に絵柄。

ネック部分のラベルには二つのクロスしたショベルマークで基調カラーがオレンジになっています。

“The Chancer Golden Ale”には次のようなストーリーがあります。

元犯罪者であるジェームススクワイアは、二度と鎖と鉄球に繋がれることなく解放される”チャンス”を得、そしてオーストラリアで最初のビール醸造者として誰もが羨むほどの富と財産、運で最終的に報われることができた

産地

ニューサウスウェールズ州 シドニー キャンパーダウン

ビール種別

ゴールデンエール(イングリッシュ ゴールデンエール)

アルコール度数 

4.5% フルストレングス

IBU

20

テイスティングノート

香り

トーストされたモルトの香りがします

泡立ち

泡立ちもよくフワフワの泡ができますがほどなくして消えます

澄んだハニーゴールド

テイスト

実際一口口に含むとモルトの香りをしっかりと感じることができます。

若干強めの炭酸感で喉越しもよく、後味にしっかりとした苦味としっとりと甘味を感じることができます。

おわりに

喉越し感が良いので夏場キンキンに冷やしてガンガン飲み進めたいビールです。

まさにオーストラリアの暑い夏にもってこいの一本。

ビーチフロントでのホリデーに試してみてはいかがでしょうか。

参考ジェームススクワイアオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント