「リトルクリーチャーズ XPA」クラフトビールではあるものの大手ビール会社のビール感は否めない

今回はリトルクリーチャーズ XPAを4本セットで買ってみました。

リトルクリーチャーズのビールはこのブログを書き始めた頃によく飲んだビールでもあります。

そして、クラフトビールにハマるきっかけとなったブリュワリーの一つと言っても過言ではありません。

しばらく飲んでいないうちにパッケージのデザインが微妙に変わったりしていましたし、味わいも再度確認してみたかったので飲んでみることにします。

LITTLE CREATURES : XPA(リトルクリーチャーズ : エクストラ ペールエール[缶])

爽やかなグリーンカラーにブリュワリーのロゴ、ビールジョッキを持った天使が大きく描かれています。

缶にプリントされているタイプで私好み、一目見てすぐにリトルクリーチャーズのビールだということが分かりますね。

この可愛い天使のビールの全体像を見たい方はInstagramの動画でどうぞ。

ブリュワリー所在地

40 Mews Rd, Fremantle WA 6160

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

375ml、4.9%、1.4スタンダードドリンクス

IBU

30

製造日

Best Before:2022年4月

テイスティングノート

香り

そこまでアロマを感じませんが、トフィーのような甘い香りとトロピカルフルーツのような香りをわずかに感じます。

泡立ち

ちょっと粗めだけど、フワフワの泡が2cmほど立ち上がりました。

クリスタルクリアーなゴールド

テイスト

麦っぽい味わいと共に軽やかなトフィーのような風味、フローラルのような風味のホップの味わいが広がります。

飲み始めはホップの味わいが強いものの、実際モルトの甘さもそこそこあって飲み終わり頃にはホップの味わいが強い印象です。

後味には若干の甘みとわずかに苦味が残りますが、そこまでスッキリ感はありません。

スタンダードなバブル感で特段した感触が良いとも言えません。ミディアム-ライトな飲み口。

おわりに

久しぶりにリトルクリーチャーズのビールを飲んでみました。

今回購入したのは4本で$18ドル、クラフトビールとしてはお手頃価格かもしれません。

ですが、それなりの美味さはあるもののなんだか大手ビール会社のビールに成り下がってしまった感を感じたのは私だけでしょうか…

>>>「リトルクリーチャーズ XPA」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント