「パンヘッド クイックチャージ XPA」思った以上にホップの旨味がつまったビール!

今回はパンヘッド カスタム エールス クイックチャージ XPAというビール。

実はこのブリュワリー、ニュージーランドのクラフトブリュワリー。

オーストラリア以外のビールということでなかなか手を出さなかったのですが、友人と自宅でご飯しようということになり、買ってみることにしたのがきっかけ。

6パックが$25ドルと結構お得で、飲んだことのないビールだったので試したら結構クセになる味わい!

今回はじっくりと細部まで味わってみることにします。

ビール詳細

PANHEAD CUSTOME ALES : QUICKCHARGE XPA(パンヘッド カスタム エールス : クイックチャージ XPA)

ビールグラスから羽が生えたかのようなロゴマーク。

コアレンジのビールたちはこの正面の丸の部分の色違いでビールを分けているようです。

ブリュワリー所在地

27 Blenheim Street, Shed 21 Upper Hutt Wellington 5018 New Zealand

*Lion Nathenグループ傘下のため、オーストラリア各地域のグループの工場で醸造されています。

ビール種別

エクストラペールエール

アルコール度数

4.6%、1.3スタンダードドリンクス

IBU

45

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとグレープフルーツ、パッションフルーツ、パイナップルのようなフルーティな香り。

そしてビールをグラスに注ぐとフルーティさが抜け、ホップの青々しい草っぽい香り

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りは青々しいホップの香り一色です。

泡立ち

粗めの泡がグラスの淵まで立ち上がります。

クリスタルクリアーなゴールド

テイスト・感想

最初ビールを口に含んでから鼻腔に抜ける香りがホップの香り一色で私の一番好きな味わいを醸し出していて、ホップの苦味がジワーッと広がります。

モルトの甘さもドッシリとしたボディもなく、ホップの味わいが広がった後はびっくりするほど後味がスッキリでドライ。

ホップの味わいを楽しみながらもミディアムな炭酸でリフレッシュ感あふれる飲み口。

おわりに

大手に売却されたブリュワリーですが、それでも味わいは変わっていないと思われるほどホップの旨味が美味しいビール!

値段も手頃なのでホップヘッズが普段飲みに冷蔵庫にストックしておくのも良さそうなビールです。

>>>「パンヘッド クイックチャージ XPA」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント