「モア ホップ スヲップ」IPAとしてホップの旨味は抜群だけど樹脂の風味がちょっと残念なビール

 

いつものボトルショップで冷蔵庫を眺めているとボトルネックの部分になにやらタグがかけられているビールが。

よく見てみたら「あっ、モア!」

ということで、今回はモアブリューイング ホップ スヲップを買ってみました。

ニュージーランドの南島マールボロにて2003年よりクラフトビールの醸造をはじめたモアブリューイング。

現在では1613人のニュージーランド人のシェアホルダーがいるようです。

以前に飲んだ「モア ペリス スカイ ジュース」の出来がよかったため期待が持てます。

MOA : HOP SWOP(モア : ホップ スヲップ)

ラベルは緑と紫の円が重なり合ってその部分がシルバー。

そして真ん中に会社名の「モア」がポツンと描かれているシンプルなデザインです。

ボトルネックにかけられていたタグにはホップの情報などが書かれていました。

原産国

ニュージーランド マールボロ

ビール種別

IPA

アルコール度数 

6.3%

IBU

75

テイスティングノート

香り 

開栓後オレンジのようなフルーティな香りが立ちこめます

泡立ち

グラスに鼻を近づけて良く香りを嗅ぐと何か樹脂のような匂いがします。

泡立ちはあまりよくありません。

澄んだダークオレンジゴールド

テイスト

一口目を口にふくんで鼻腔にぬける香りはモルティなかおりです。

ビールが喉元にながれこむころやはりはじめに感じた樹脂のような風味がかすかにします。

後味にホップの苦味が口の中ぜんたいにひろがり余韻がながくのこる感じです。

おわりに

ホップヘッズなわたしにはIPAとしてのホップの苦味、そして旨味にかんしては満足のいくものでした。

しかし、開栓後に立ちこめたかすかに樹脂のようなかおり、そして飲んだときに舌にのこるその風味が気になりました。

この樹脂のかおりと風味が本当にざんねんでなりません。

参考モア ブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント