マイルドで飲みやすい「ニューステッド ザ メイン シング」はクイーンズランド州のガブ飲みエール!!

 

今回はニューステッド ザ メイン シングです。

ボトルショップでニューステッド ブリューイングのビールを4本見つけて全て買いました。

このゴールデンエールが最後の1本となります。

他の3本はそれぞれの個性があって美味しいビールたちだったので最後の1本にも期待が持てます。

NEWSTEAD BREWING CO. : THE MAYNE THING GOLDEN ALE(ニューステッド : ザ メイン シング ゴールデンエール)

ラベルカラーはイエロー&ブラウン。

「ゴールデンエール」にちなんだんでしょうかね。

包丁とまな板の絵柄は何の意味があるのでしょうか。

缶の上部には以下の一文がありました。

The university of Queensland is built on land gifted by the “Mayne” family. Benevolence or atonement… We may never know – or care.

UQと呼ばれるクイーンズランド州で一番権威のある大学、それがMayne Familyからの慈悲?償い?で受け与えられた土地に建てられていたとは。

Mayneさんは相当な資産家だったわけですね。

産地

クイーンズランド州 ブリスベン ニューステッド&ミルトン

ビール種別

ゴールデンエール

アルコール度数 

4.7%

IBU

27

テイスティングノート

香り 泡立ち

爽やかなホップの香りと微かな柑橘系の香りが立ち込めます

泡立ち

泡立ちはよくコシがあってフワフワです

微かに濁りのあるゴールドカラー

テイスト

一口口にビールを流し込むとブワッとモルトの香りが漂います

ライトボディの微炭酸で舌触りも良く最後の方でホップの程よい苦味が口の中に広がります

それでいてコクもあるのに後味はスッキリしておりかなり飲みやすいビールです

おわりに

クイーンズランド州の暑い夏場にクイーンズランド州産のゴールデンエール。

これほどマッチする組み合わせは他にないのではないでしょうか。

とにかく喉が渇いていればガブ飲みしたくなるビール間違いなしです。

参考ニューステッドブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント