バランスのとれた濃厚ラガー「バリスティック ダーティワード」は微炭酸で飲みやすい贅沢なビール!

 

ラガーは長いあいだ「Dirty Word(汚い言葉)」として捉えられていました。

クラフトビールを好む人たちのあいだでは「ラガーは面白みがなく、パッとせず、風味も味気もない」といわれ続けていました。

Ballistic Beerではそれいじょうは賛成することはできませんでした。

ラガーを嫌う人たちが間違っていることを証明するためにラガービールを作りたかったそうです。

今回はそんないわれが製品名となっているバリスティック ダーティワードを買ってみました。

大手ビール会社が製造しているのは未だラガー系のビールが大半を占め、クラフトビールを飲み慣れてくるともう大手ビール会社のビールには戻れません。

このバリステック ダーティワードラガーはそれを覆すような味わいなのでしょうか。

スポンサーリンク

ビール詳細

BALLISTIC BEER CO. DIRTY WORD LAGER(バリスティックビア ダーティワード ラガー)

ラベルはシンプルに会社名の「BALLISTIC」と製品名の「DIRTY WORD LAGER」

真ん中に落下しているケグの爆弾?のロゴが描かれているだけです。

「BALLISTIC=弾道」などいう意味合いがあるのでその絵柄なのでしょうか。

産地

クイーンズランド州 ブリスベン ソースベリー

ビール種別

ラガー

アルコール度数 

5.0%

IBU

30

テイスティングノート

香り 

エール系のビールのようなフルーティな香りとモルトの香りが立ち込めます

泡立ち

泡立ちもよくフワフワです。

透き通ったイエローゴールドカラー

テイスト

鼻腔に抜ける香りはモルト香りそのもの。

炭酸感をほとんど感じず何かハーブ系の味わいをも感じます。

モルトの甘みも強く感じるので日本のラガータイプのビールに比べるとコクのあるラガーです。

ただ、キレがあるとは言い難くその味わいが舌に残ります。

おわりに

濃厚ラガーです

炭酸感がほとんどないので飲みやすいのですが、日本人が思うキレのあるビールをイメージして飲むとちょっと期待はずれかも。

でも時間をかけてその味の濃いラガーを楽しみたい人にはオススメです。

参考バリスティックのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント