「シーカー ナン&ポップ ウェット ホップ IPA 」新鮮なホップの旨味が凝縮された美味いビール!

今回はブログ初登場となるブリュワリー、シーカーブリューイングナン & ポップ ウェット ホップ IPAというビールです。

ウエットホップのビールは当ブログでもほとんど登場していないので、ちょっと詳しく調べてみました。

そうするとウエットホップとは「乾燥させていない、採れてから24時間以内のホップ」とのこと。

これって、ビールを醸造する側にとってはホップの採れる日に合わせてビール醸造を準備しなければならないので大変なことだと思われます。

そして、飲む側にとってはそのような新鮮なホップのビールを飲むことができるのでラッキーなことでもありますね。

さぁ、一体どんな味わいなのか、期待して飲んでみたいと思います。

ビール詳細

SEEKER BREWING : NAN & POP’S WET HOP IPA(シーカーブリューイング:ナン & ポップ ウェット ホップ IPA)

老夫婦が描かれているラベル画。おじいさんは親指を立ててGoodサインしてるのか?それとも親指でホップを指しているのか?

缶にプリントされたタイプのもので質感が高く感じました。

360°の全体像はInstagramの動画でどうぞ。

ブリュワリー所在地

4/1 Industrial Rd, Unanderra NSW 2526

ビール種別

IPA

アルコール度数

375ml、7.0%、スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2022年3月23日

Best Before:2022年12月23日

飲んだ日:2022年6月19日

テイスティングノート

香り

レモンのような爽やかな柑橘の香り、松の香り、わずかにトフィーのような甘い香りも感じます。

泡立ち

クリーミーな泡が5mmほど立ち上がりました。

わずかに濁りのあるオレンジゴールド。

テイスト

まず松の風味が強く突き抜け、その後にトフィーやカラメルのようなほのかな甘さが広がります。

ホップの苦味はIPAらしくガツンとくる強烈な味わいがあり、そしてその苦味を支えるかのようにモルトの力強い味わいがあります。

ホップの苦味はどこかハーバルやフローラルのような香りも感じ、青々しい風味が強く感じられました。

後味にはどちらかというと苦味が舌の奥に最後まで続く感じで、濃い味わいですね。

バブル感をほとんど感じないくらいの微炭酸、ミディアムフルなボディ。

おわりに

口の中に広がるハーバルやフローラル、そして青々しい風味がそのホップの新鮮さを物語っているかのようでした。

なかなか見かけないウエットホップを使用したIPA、見かけたらぜひ飲んでその味を味わっていただきたい一本だと思います。

>>>「シーカーブリューイング ナン & ポップ ウェット ホップ IPA」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント