クリスプで爽やかな飲み口「ニューイングランド ブリューイング タッド フッティ エール」がゴクゴク飲める!

2019年9月-10月は日本でラグビーW杯が開催されています。

そのW杯を祝うかのようにCraft Cartelよりセレクトされた9月分のビールが送られてきました。

今回はまずその1本目、ニューイングランド ブリューイング タッド フッティ エールのご紹介です。

NEW ENGLAND BREWING CO. : THUD FOOTY ALE(ニューイングランド : ブリューイング タッド フッティ エール)

ちょうど今ラグビーワールドカップの時期です!

富士山のような山が描かれているので、おそらく日本のW杯でオーストラリアvsニュージーランドが対戦しているかのような絵柄のラベル。

ビール名「THUD」の「H」がラグビーのゴールに見立てられて描かれていますね。

またThudの意味はラグビーのタックル時に「ドスっ」というような鈍く重い音をさす言葉。

ちょうどラベルに描かれている絵柄のタックルがそうですね。

ブリュワリー所在地

ニューサウスウェールズ州 ウララ

ビール種別

エール

アルコール度数

4.2%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

まず缶のプルタブを開けると爽やかな麦の香りが漂います。

そしてビールをグラスに注ぐとその麦の香りを強く感じます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りも麦の香り。

泡立ち

グラスに勢いよく注ぎましたが、あまりよくありません。

かすかに濁りのあるゴールドカラー

テイスト

麦の香りを感じたあとコクのある麦の味わいが口中に広がります。

麦の甘味がしっかりありますが、軽いホップの苦味とほんのかすかに酸味も感じられます。

後味はかなりスッキリしておりキレがあって飲みやすいですね。

カーボネーションはミディアムですが結構クリスプな口当たり。

おわりに

クリスプでかなり飲みやすいエール、喉が渇いていると一気にガブガブと飲み干してしまいます。

>>>「ニューイングランド ブリューイング タッド フッティ エール」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALE ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント