グラッシーな香り漂う「フォーパインズ アイピーエー#6」はバッチ#5に負けず劣らず美味いIPA!

 

ビールの原料といえば水、イースト、モルト、ホップの4種類。

そのうちのモルトとホップは農産物であるために各年でその出来や収穫量などがことなってくるはずです。

そんな農産物を使用して醸造されるビールも各年で味がかわってくるのもあたり前かもしれません。

大手のビール会社はその資金力を生かして味がブレないように大量に原料を買い込み味のブレを抑えていることは予想できます。

しかし、そんな農産物の出来によってその年の最良の原料をしようするという4 Pines Brewery、侮れません。

今回は今がシーズンであるォーパインズブリューイング インシーズン アイピーエー バッチ#6をみつけたので買ってみました。

4 PINES BREWING : IN SEASON IPA(フォーパインズブリューイング : インシーズン アイピーエー#6)

ラベルデザインはバッチナンバー#5と全く一緒です。

ただ底面にバッチナンバー#6のプリントがなされています。

ウェブで製品リリースは2018年5月からとなっていますが、パッケージングされたのは3月のようです。

使用ホップはCascade(カスケード)とIdaho#7(アイダホ#7)となっています。

産地

ニューサウスウェールズ州 ブルックヴェール

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

6.3%

IBU

67

テイスティングノート

香り 泡立ち

微かなオレンジピールのような香りにどことなく草原のようなグリーンの香り

泡立ち

泡立ちは勢いよく注ぎすぎたのかフワフワ、飲み進めると消えていく。

ほんの少しだけ濁りのあるライトオレンジゴールド

テイスト

バッチ#5のテイスティングノートを見ながら飲んでみました。

口に含んだ時の香りでグラッシーな香りがするのは同じです。

ビールが喉元を過ぎる頃にIPAらしいホップの苦味がフワッと口の中に広がります。

そしてその余韻を楽しむことができます。

ただフルーティさには少しかける部分があったと思われます。

おわりに

うまい

やっぱりIPAです。

バッチ#5と同時に飲んで比べられなかったのが残念です。

が、上手ければ問題なしです。

参考フォーパインズブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント