飲み口軽やか「フォーパインズ パシフィックエール」クイーンズランド州の夏にお似合いな一本!

 

今回はフォーパインズ ブリューイング パシフィックエールが新しくリリースされているので飲んでみたいと思います。

フォーパインズのビールはラベルがシンプルなコア・レンジのビールと少量で一度限りのケラー・ドアで構成されています。

 

今回のビールはコア・レンジに新しく加わった「パシフィックエール」ですが、その製品名を聞いてピンときたあなた!

そうです、2018年のビールランキングで一位に選んだStone & Woodのビールもパシフィックエールです。

この記事でも下にスクロールしていただくと出てきます。

 

さて、Stone & Woodの御株を奪うほどの味わいなのか?では、飲んでみましょう。

スポンサーリンク

ビール詳細

4 PINES BREWING PACIFIC ALE(フォーパインズ ブリューイング パシフィックエール)

ラベルは4本のパイン(松の樹)がロゴマークにブリュワリー名、製品名が描かれているシンプルなもの。

色分けではパシフィックオーシャンのカラーが与えられているようですね。

使用モルト:Ale Malt、Vienna、Munich 2、Wheat Malt、Rolled Wheat

使用ホップ:Galaxy、Vic Secret

産地

ニューサウスウェールズ州 ブルックヴェール

ビール種別

アメリカンペールエール

アルコール度数

3.5%

IBU

15

テイスティングノート

香り

王冠を開けるとこれは何でしょう、レモンのような酸味のある香りを感じます。

グラスに注ぐとレモンの香りに加えてパッションフルーツのような香りも感じます。

泡立ち

グラスに注いでからすぐは真っ白でクリーミーな泡が5mmほど立ち上がりますがほどなくして消えます。

少し濁りのある淡いオレンジゴールド

テイスト

ビールを口に含んでから最初に鼻に抜ける香りは開栓時のフルーティな香りではなく少しモルティな香り。

香りが抜けた後口の中にまず軽いホップの旨味が広がり、そのあとにじわっとモルトの甘味がホップの苦味を打ち消すかのように広がっていきます。

それでいて後味はスッキリしています。

ちょうど良い炭酸感で口当たりもスムーズ、飲み口軽やかでとても飲みやすいビールです。

おわりに

オーストラリア・クイーンズランド州の暑い夏にお似合いの美味いビールです。

Stone & Woodと比べるとやっぱり最初の印象が強かったのか、Stone & Woodに軍配を上げざるを得ません。

それでも、アルコール度数も3.5%とミッドストレングスビールに分類されXXXXゴールドをしのぐ美味さ。

これはもう冷蔵庫に常備しておくしかありません!

参考フォーパインズブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント