フルーティな香りとサッパリした口当たりの「フォーパインズ サマーエール」はガブ飲み必至なエール!!

 

2008年にマイクロブリュワリーとしてニューサウスウェルズ州のManly(マンリー)にて設立された4 Pines Brewery。

マンリーという名前は1788年、この地域に住んでいた先住民アボリジニの「自信に溢れた勇ましい(manly)行動力」という意味から、ニューサウスウェールズ州最初の州知事Arthur Phillip(アーサー・フィリップ)によって名付けられたそうです。

このマンリーにはシドニーでも有名な素晴らしいビーチがあり、そのビーチ沿いにはPine(松)が立ち並んでいます。

今回はそんなビーチで陽の光をいっぱいに浴びて、疲れたらビーチフロントのパブでビールを飲んでまったりと過ごす、オージーの定番ホリデーで飲んでみたいフォーパインズ インデアン サマーエールを購入してみました。

4 PINES BREWING INDIAN SUMMER ALE(フォーパインズ ブリューイング インディアン サマーエール)

このビールは缶でのみの販売です。

ラベルは4本のPineがロゴマークが目印なのは変わらずクラフトビールの会社としてはシンプルなものではないでしょうか。

産地

ニューサウスウェールズ州 ブルックヴェール

ビール種別

サマーエール

アルコール度数 

4.2%

IBU

15

テイスティングノート

香り

トロピカルフルーツの香りがかすかに香り

泡立ち

泡立ちはフワフワでクリーミーです。

澄んだイエローゴールド

テイスト

口に含んで鼻腔に抜ける香りはかすかなトロピカルフルーツの香りと麦の香り。

軽い口当たりでビールが喉元を通り過ぎようとする頃舌の上で軽いホップの苦味が広がります。

後味ではそのホップの苦味がスーッと引いた後にモルトのかすかな甘みを感じ取ることができます。

おわりに

軽い口当たりなのでガブ飲み必至です

ビーチサイドではもちろん、オーストラリアの暑い夏場に自宅のプールサイドで飲んだり。

また家族や親しい友人たちとBBQをしながら飲むにはもってこいのビールではないでしょうか。

参考フォーパインズ ブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント