「オールインブリューイング ニュースクール」トロピカルでホッピーなNEIPA!

オールインブリューイングシリーズ2本目のビールはニュースクール イーストコースト ヘイジー IPAです。

イギリス発祥のIPAが刻を超えアメリカ西海岸で爆発的に人気を博し、さらに東海岸へ移ってさらに進化。

そんな東海岸スタイルのNew School、最近私も好んで飲むビールスタイルHazy IPAなので楽しみで仕方ありません。

では、早速飲んでみましょう。

ビール詳細

ALL INN BREWING CO. : NEW SCHOOL EAST COAST HAZY IPA(オールイン ブリューイング : ニュースクール イースト コースト ヘイジー IPA)

iPhoneとAirPodsが描かれているラベル画。

まさに今の人たちが使用しているデバイス。私はAirPodsは持っていませんが、私以外の家族はみんな使用しています 笑

こちらの全体像もInstagramのリール動画でどうぞ。

使用ホップ:Ekuanot、Moutere、Azacca、Eclipse

ブリュワリー所在地

189 Elliott Rd, Banyo QLD 4014

ビール種別

HAZY IPA

アルコール度数

375ml、6.9%、スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:-

Best Before:2023年8月18日

飲んだ日:2022年10月23日

テイスティングノート

香り

レモンのような爽やかな柑橘の香り、白ワインのような酸味も感じます。

泡立ち

グラスに注いで5mm程泡立ちましたが程なくして消えました。

わずかに濁りのあるイエローゴールド。

テイスト

まずグラッシーでトロピカルさを感じさせるホップのジューシーな旨味が広がりますが、ほんの少しだけアルコール臭を感じました。

そして、まろやかなその旨味は苦味へと変わりながら酸味のある程よく交わりながら後味へと残っていきます。

わずかなモルトの甘みは感じますが、それほどモルティな感じではなく軽やかさを感じさせる味わい。

後味は青々しい苦味が残りますが、ねっとりとしたものはなくスッキリ感があります。

きめの細やかなバブル感で舌触りは滑らか、ミディアムフルなボディ。

おわりに

前回のオールドスクールと飲み比べるともちろん全く違った味わいなのですが、私的にはもう少しヘイジーさが欲しかったかなーと。

どちらに軍配をあげるとかではなく個人個人の好き好きですし、ウェストコーストとイーストコーストではこうも違うのかーと思いながら飲み比べると面白いかもです。

>>>「オールインブリューイング ニュースクール」に似たビール

 

>>>「オールインブリューイング」の他のビール記事を見たい方はこちら↓↓↓

コメント