「バリスティック&ホップネーション マデンズ カース」マンゴーの甘味と独特の苦味が特徴的なビール!

知っているブリュワリーのロゴがラベルに二つもついているということはコラボビールってことですよね。

はい、今回はバリスティック ビア & ホップネーション ブリューイング マデンズ カース マンゴー ミルクシェイク セッション IPAを見つけました。

 

この「MADDEN」、ググってみたらNFLのコーチだったJohn Madden氏の”Madden”のようです。

オーストラリアではNFLのことはあまり話題に出ませんが、このビールはNFLでプレーする選手からインスパイアされたできたビールとのこと。

 

とにかく、ビールが美味けりゃ問題ナシ!ということで早速飲んでみます。

スポンサーリンク

ビール詳細

BALLISTIC BEER CO. & HOP NATION BREWING CO. : MADDEN’S CURSE MANGO MILKSHAKE SESSION IPA(バリスティック ビア & ホップネーション ブリューイング : マデンズ カース マンゴー ミルクシェイク セッション IPA)

ラベルに描かれているこの男性はNFLでプレーしているAntonio Brown氏のようです。

私だったら、長らくワラビーズのキャプテンとして活躍したGeorge Gregan(ジョージ・グレーガン)氏だったらもっとわかりやすかったかなと思いましたが。

使用モルト:Marris Otter、Oats

使用ホップ:Azacca、Citra、Rakau、Galaxy

使用イースト:Nottingham、 East Coast Ale

副原料:Lactose、Mango

産地

バリスティック ビア:クイーンズランド州 ソースベリー

ホップネーションブリューイング:ビクトリア州 メルボルン フットスクレイ

ビール種別

セッション IPA

アルコール度数

5.0%

IBU

19

テイスティングノート

香り

プルタブを開けるとマンゴーの甘い香り、ネクタリン、ピーチのようなフルーティな香りを感じます。

グラスに注ぐとマンゴーの甘い香りが強く漂います。

泡立ち

ちょっとクリームがかった色合いの泡が3mmほど立ち上がります。

かなり濁りのある(ヘイジーな)オレンジ

テイスト

ビールをまず口に含んでから感じる香りはマンゴーの甘い香りではなく青々しい草っぽい香りが強く鼻腔に抜けます。

香りを感じた後に口に広がる味わいは熟れきっていない青いマンゴーと融合したかのような独特の苦味、そしてクリーミーな甘味を持った味わいが後を追って広がります。

後味は苦味がなくなっても甘さがずっと残ります。

カーボネーションはかなり低くほとんど感じません。

おわりに

マンゴーの甘味から苦味が変化したのか独特の青々しいホップの苦味を醸し出しています。

ちょっとクセがあるので合わない人にはダメかも。

>>>「バリスティック&ホップネーション マデンズ カース」に似たビール

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント