「バッチブリューイング アフタヌーン ディライト」泡立ちがベルベットのような舌触りのビール

バッチブリューイングシリーズ3本目のビールはアフタヌーン ディライト ナイトロ レッド エールです。

このビールの前に飲んだビールにも「Nitro(ナイトロ)」とあり、窒素が充填されていたものと思われます。

ということで今回は冒険も兼ねて、軽く振って開栓してみようと思います。

では、早速フリフリ、プシュッとな!

ビール詳細

BATCH BREWING : AFTERNOON DELIGHT NITRO RED ALE(バッチブリューイング : アフタヌーン ディライト ナイトロ レッド エール)

ブラック基調でビール醸造に使われる機器がプリントされた缶に、このビールようにデザインされた透明のステッカーが貼り付けられたタイプのラベル。

ビールの泡立ちは予想通りとてもクリーミー、軽く振って開栓して正解でした!

ラベル全体像はInstagramの動画でどうぞ。

ブリュワリー所在地

44 Sydenham Rd, Marrickville NSW 2204

ビール種別

エール

アルコール度数

375ml、4.5%、1.3スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2022年3月24日

Best Before:2023年1月14日

飲んだ日:2022年6月4日

テイスティングノート

香り

モルティでトフィーのような甘い香り

泡立ち

超クリーミーな泡が1cmくらい立ち上がりました。そしてビールを飲み終わるまでその泡が残り、最後は泡を飲んで終わりました。

クリアーなダークコッパーカラー

テイスト

カラメルのような甘さですがどっしりとしておらず、軽やかなモルティな味わいが広がります。

その後かなりライトなホップの苦味がゆっくりと広がります。

後味にはドライフルーツやナッツのような味わいが残ります。

ビール自体はかなり微炭酸、ただ泡立ったところはベルベットのような舌触りです。ミディアム-ライトなボディ。

おわりに

今回のビールにもNitroとあったので試しにゆっくりと逆さにしたり上下させましたが、綺麗なベルベットの泡立ちができ正解でした。

そしてそのベルベットのような口当たりが最高でした。この前に飲んだトロピカルIPAもシェイクしとけばもっと口当たり良かったかもなー。

>>>「バッチブリューイング アフタヌーン ディライト」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント