「バッチブリューイング コーヒー ペールエール」コーヒーの風味をしっかり味わえるビール!

バッチブリューイングシリーズ4本目のビールはコーヒー ペールエールです。

先に飲んだ2本目と3本目のビールがNitroで今回がコーヒー、もう何でもありって感じですね。

では、早速飲んでみることにします。

ビール詳細

BATCH BREWING : COFFEE PALE ALE(バッチブリューイング : コーヒー ペールエール)

ブラック基調でビール醸造機器がプリントされているのは前回のアフタヌーン ディライトと同じですが、貼り付けられているステッカーのデザインが違っています。

ブリュワリーのロゴ横にコーヒーマグが描かれており楽しめますね。

全体像はぜひInstagramの動画で楽しんでください。

ブリュワリー所在地

44 Sydenham Rd, Marrickville NSW 2204

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

375ml、4.5%、1.3スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2022年4月6日

Best Before:2023年1月23日

飲んだ日:2022年6月7日

テイスティングノート

香り

レモンのような酸味を感じさせる爽やかな柑橘の香り、ほんのわずかにローストしたコーヒーの香りを感じます。

泡立ち

ほとんど泡立ちませんでした。

濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

まずコクのあるモルトの味わいが広がり、その後にホップの苦味とローストしたコーヒーの風味がフワッと広がります。

そのコーヒーの風味は若干の酸味を感じさせるような味わいで、苦味に一味加えるように味付けされているようです。

舌で感じる苦味はホップからそしてそれを補う風味としてコーヒーを追加しているといった感じでしょうか。

後味は若干苦味が残りますが、最後の最後ではすとんとキレがあるかのように消えて行きます。

小さいバブル感で炭酸感は低め、舌触りも滑らかです。ミディアムボディ。

おわりに

「コーヒー」とあるので最初に想像したのはポーターやスタウトのような黒ビールでしたが、グラスに注いで普通の色合いだったのでちょっと拍子抜けしました。

ですが飲んでびっくり、コーヒーの味わいがしっかり出ていました。

ビールの色が黒くないってことは、このコーヒーの風味はローストした豆をダブルホッピングのようにして味付けしたんでしょうかね?

>>>「バッチブリューイング コーヒー ペールエール」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント