珍しい440ml缶「バッチブリューイング トリピーヒッピー」フルーティでホッピーなビール!

 

私はオーストラリアに移住してきてもうかれこれ18年になります。

今このブログをやっていてオーストラリアに移住してよかったなと思ったことがあります。

それはクラフトビール天国だから 笑

日本にいてクラフトビールを飲んでいたらおそらくアメリカのクラフトビールかぶれのビール通になっていたはずでしょう。

だって日本はアメリカのクラフトビールをどんどん輸入して販売していますからね。

でも、オーストラリアのクラフトビールって日本でほとんど出回っていないはずです。

そんなクラフトビールを飲めるって本当に、し・あ・わ・せ

まぁ、冗談はこれくらいにして今回はバッチブリューイング トリピー ヒッピーズ ヴードゥー ゴールドです。

缶のサイズが珍しいビールです。

スポンサーリンク

ビール詳細

BATCH BREWING CO. : TRIPPY HIPPY’S VOODOO GOLD(バッチブリューイング : トリピー ヒッピーズ ヴードゥー ゴールド)

ラベルデザインはビールの醸造システムが描かれたような背景に会社名と製品名が描かれたもの。

BATCHの「A」がヒゲを生やしたおっさんに見立ててあります。

そして缶のサイズが今まで見たこともない440mlサイズ。

使用モルト:Gladfield American、Vienna Malt、Caramel Pilsener

使用ホップ:Citra、Galaxy、Aus Cascade

産地

ニューサウスウェールズ州 マリックヴィル

ビール種別

ゴールデンエール

アルコール度数

5.6%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

缶をプシュッと開けると同時にパッションフルーツのようなフルーティな香りが漂います

泡立ち

キメの細やかでクリーミーっぽい泡立ちですがほどなくして消えます

濁りのあるライトブラウン

テイスト

グラスに注いだ時の香りとは違って口に含んだ時の香りはホップのグラッシーな香りがフワッと香ります。

ちょっと舌を刺激する感じの炭酸感だけど嫌味はなく、ホップの旨味が口中に広がります。

後味にもホップの苦味がジンワリと残り、余韻を楽しめます。

ビールタイプがゴールデンエールとあったのでもう少しマイルドかなと思っていましたが、かなりIPAよりの苦味とホッピー感がありました。

おわりに

フルーティでホッピー、私はこんなビールを飲んでいる時が至福のときです。

そして440mlの珍しいサイズの缶、美味いビールが閉じ込めてられるとなると量が多いに越したことはないですよね。まぁ、その分値も張るようですが・・・

でもこの苦味とホッピー感、次のバッチブリューイングのビールを飲むのが楽しみになりました。

参考バッチブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALE ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント