柑橘の香りとホップの旨味「ブラックホップス ペールエール」暑い夏場にガンガン飲めるペールエール!

 

私がオーストラリアへ移住してきて最初に住んだ都市は、現在住んでいるブリスベンより南に車で約1時間ほどのゴールドコーストでした。

当時は全く知らずに住んだのですがゴールドコーストはその美しい海でサーフィンを楽しむ人がたくさんいますし、運が良ければワールドチャンピオンなんかも見かけるんです。

 

そんなゴールドコーストのローカルサーフスポットの一つでもある、バーリーヘッズ。

当時私はあまり行きませんでしたが、ブリスベンに移り住んできてからはもっぱらホリデーで行くことが多くなりました。

この辺りのカフェや砂浜で時間も気にせずにまったり過ごしたり、気温が高くない午前中や夕方には浜辺をてくてくと散歩したりとリラックスできます。

こういうとき美味しいビールがあれば最高、いうことないですね!

 

今回はそんなバーリーヘッズのブリュワリー、ブラックホップス ペールエールです。

こちらのビールはCraft Cartelの2019年2月分に1本追加で送られてきた一本です。

 

*2019年3月にはゴールドコースト北部Biggera Watersという所に2つ目のブリュワリー&タップルームBlack Hops llをオープンしています。

スポンサーリンク

ビール詳細

BLACK HOPS BREWERY PALE ALE(ブラックホップス ブリュワリー ペールエール)

ブリュワリー名のとおり缶は真っ黒で「Black Hops」がシルバー抜きされているシンプルなものです。

使用モルト:Pale Barley、Wheat、Light Crystal、Carapils、Caramunich

使用ホップ:Dr.Rudi、Citra、Ella、Simcoe、El Dorado

使用イースト:American Ale

産地

クイーンズランド州 バーリーヘッズ

ビール種別

アメリカンペールエール

アルコール度数

4.8%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

栓を開けると柑橘の香りが立ちこめます

グラスに注ぐと柑橘の香りとともにモルティな香りを感じます

泡立ち

栓を開けた時少し泡が溢れるくらいでした。グラスに注ぐと真っ白の泡が勢いよくグラスの縁まで泡立ちますがほどなくして消えてしまいます。

ヘイジーで淡いオレンジゴールド

テイスト

ビールを口に含んでから鼻に抜ける香りはモルトの香りとかすかにホップのグラッシーな香り、そしてパインニードルのような香りも感じます。

泡の立ち方からも分かるように少し舌を刺激するような炭酸感。

鼻から香りを感じた後は最初にフルーティな味わいが広がり、その後ホップの旨味がジンワリと広がる感じです。

後味はキレもあってスッキリ。

おわりに

香りと味わい、全てにおいてバランスのとれたペールエール。

オーストラリア人が「Easy drink!」というくらいです。

特にクイーンズランド州は夏場Heat wave(熱波)が何度もありますが、その暑さを癒すくらいにガンガン飲みたいですね。

参考ブラックホップスのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント