NZのクラフトビール「べヒモス チャー フリーダム」柑橘の香りとホップの旨味を楽しめるペールエール!

私がまだ行ったことのないお隣の国ニュージーランド。

この国もオーストラリアと変わらずイギリスの文化を色濃く受け継いでいることはいうまでもありません。

なので、この国で作られるクラフトビールも美味いビールに違いないはず。

当ブログ「エンジョイ★ビアーズ」でも過去に2つのブリュワリーの3種類のビールを飲みました(ニュージーランドのビールはこちら

今回またもやニュージーランドからやってきたビール、べヒモスブリューイング  チャー フリーダムです。

「Behemoth」とは旧約聖書(ヨブ記)に登場する陸に住む巨大な怪物と記述されているそうです。

まぁ、このブリュワリーのマスコット的なフランケンみたいな絵柄は愛嬌があって可愛いですが。

ビール詳細

BEHEMOTH BREWING COMPANY : CHUR FREEDOM APA(べヒモス : チャー フリーダム アメリカンペールエール)

ラベルにはフランケンみたいな大男が両手につながれたチェーンを引き千切っているアニメの絵柄が描かれています。

ウェブサイトを確認しましたがどの製品にもこのフランケンが描かれていますね。

このブリュワリーのビールたちですが、2014年から毎年何かしらのビールが何かしらのアワードを受賞しています。

原産国

ニュージーランド

ビール種別

アメリカンペールエール

アルコール度数

5.6%

IBU

45

テイスティングノート

香り

栓を開けると柑橘系の爽やかな香りが立ちこめます

グラスに注ぐと柑橘系の香りに加えパインニードルのような香りをかすかに感じます

泡立ち

ちょっと粗めですが真っ白でフワフワの泡が約1cmほど立ち上がります

かすかに濁りのあるオレンジゴールド

テイスト

ビールを口に含んでから鼻から抜ける香りはパインニードルの香りを強く感じます。

炭酸感はそこまで刺激的なものではなく、口当たりまろやか。

ビールが舌に触るとフワッとまず甘味が広がり、その後ホップの苦味が徐々に徐々に口中に広がっていきます。

後味にはそのホップの苦味の余韻を楽しめます。

おわりに

私好みの香りと味わいでした。

ニュージーランドでもクラフトビールは流行りに流行っているのでしょうか。

これだけレベルの高いビールを飲んでしまうとニュージーランドにもビール旅をしなければならないと思ってしまいます。

参考べへモスブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲むPALE ALE
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント