「ブラックフラッグ アフィニティ」ホップの旨さが十分で後味スッキリなペールエール!

ブラックフラッグ ブリューイング2本目となる今回のビールはアフィニティ トリピカル ペールエールです。

早速飲んでみます!

スポンサーリンク

ビール詳細

BLACKFLAG BREWING : AFFINITY TROPICAL PALE ALE(ブラックフラッグ ブリューイング : アフィニティ トリピカル ペールエール)

このラベルは白缶にステッカーが貼り付けられたタイプ。

植物や花、そしてホップとビールグラスで獅子舞の顔のような絵柄が描かれています。

全体像はInstagramで!

ブリュワリー所在地

13 Brisbane Rd, Mooloolaba QLD 4557

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

4.7%、1.4スタンダードドリンクス

IBU

25

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けるとほんの微かにですが、甘いマンゴー、パイナップルのようなフルーティな香り。

そしてビールをグラスに注ぐと青々しい草っぽいホップの香りが強く立ち込めます。

さらにビールを口に含んで鼻腔に抜け渡る香りはフルーティっぽさはなくホップの香り一色。

泡立ち

キメの細かい泡が1cmほど立ち上がります。

微かに濁りのあるオレンジゴールド。

テイスト・感想

ビールを口に運んでホップ一色だった香りが、鼻からフーッと息を抜くとフルーティな味わいへと変化。

そしてホップの苦味がジワっと広がる旨さ。後味は意外とスッキリとしており、ホップの旨味を味わいながらもキューっと喉の渇きを癒す飲み方もできる。

最初一口目を口に含んだ時感じたのがバブル感を十分に感じることができる炭酸、でもミディアムライトボディで飲みやすい。

おわりに

1本目のレイジもそうだったけど、ホップの旨さを引き出してるなぁという印象。次にも期待大!

>>>「ブラックフラッグ アフィニティ」に似たビール

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント