甘味があって美味い「バーリーブリューイング バーリーブロンド」は麦の旨味が凝縮された濃厚なラガー!

クイーンズランド州のサファーたちが集まるスポットと知られるバーリーヘッズ。

今回はそのバーリーという地区の名がブリュワリー名につけられている、バーリーブリュワリー バーリーブロンド ビアガーデン ラガーです。

 

アカシャブリューイング トレードウィンドの記事でもラガータイプのビールについて少し触れました。

もう少し詳しく調べてみるとラガータイプのビールにもピルスナーだけでなくヘレス、メンツェン、ボック、デュンケルといったものなどがあります。

 

オーストラリアで作られているクラフトビールは圧倒的にエールタイプのビールの方が多くて、ヘレス、メンツェン、ボック、デュンケルといったタイプのビールは見たことがありません。

でも、これまでに飲んできたラガータイプのビールにも色の違いや味の違いがあったのは確かです。

それらをわかりやすく”ラガー”と一言でタイプ分けするのはエール、ペールエール、IPAなどを一括りに”エール”と呼ぶのと同じだと思うのですが・・・まぁ、ビールが美味しければどんなタイプのビールでも良いのですがね、私にとっては。

BURLEIGH BREWING CO. : BURLEIGH BLONDE BIER GARDEN LAGER(バーリーブリュワリー : バーリーブロンド ビアガーデン ラガー)

Burleigh Brewingの「B」と「B」が背中合わせになっているようなロゴマーク。

絵柄は上空から見たバーリーヘッズ近辺の地図が描かれています。

このビール2018年のWorld Beer Championshipsにてブロンズメダルを獲得しています。

産地

クイーンズランド州 バーリーヘッズ

ビール種別

ペールラガー

アルコール度数

5.0%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

缶のプルタブを開けると麦の爽やかな香りが漂います。

グラスに注ぐとプルタブを開けた時よりもさらに強い麦の香りを感じます。

泡立ち

真っ白な泡がグラスに注いだ時にシュワっと立ち上がりますがすぐに消えます。

透き通った濃いイエローゴールド

テイスト

最初の一口目ビールを口に運んで鼻に抜ける香りは麦と大地のような香り。

香りを感じた後の味わいはコクのある麦の濃い味わいが口の中に広がり、その後にホップの程よい苦味がジンワリと広がります。

後味には麦の濃厚な甘味でしょう、そしてホップのかすかな苦味が残ります。

カーボネーションは弱め、きめ細やかでクリーミーなバブル感で舌触りなめらかです。

おわりに

色から見ていただいてわかるように濃厚な味わいです。

ラガーもクラフトビール会社が丹精込めて作るとこんなにも味わいが違ってくるんですね。

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

LAGER/PILSNERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント