「コールドストリーム アップルサイダー」がアッサリした味わいで食前酒にもってこい

 

今回もまたみたことも聞いたこともないアップルサイダーを見つけてしまいました。

その名もコールドストリーム アップルサイダー

 

ウェブで調べてみたらビクトリア州のブリュワリーでした。

2007年に設立された新しいブリュワリーのようです。

ビールも醸造していますがここクイーンズランド州では見かけたことがありません。

 

コールドストリームのアップルサイダーは100%ビクトリア州のりんごを使用しており、他の濃縮されたものやパウダー類は一切使用していません。

クラッシュされたビクトリア州のりんごは低温で発酵されます。

製造過程の最後にはフィルターにかけてクリスタルクリアーにされます。

そうすることによって透き通ったクリーンでクリスプなアップルサイダーが作れられているのです。

 

COLDSTREAM : APPLE CIDER(コールドストリーム : アップルサイダー)

ラベルのデザインは会社名と製品名が大きく書かれていて、缶の底5分の1くらいのところに青りんごの絵がらが描かれているだけ。

お世辞にも凝ったデザインとはいえませんね。

ブリュワリーのロゴマークが青りんごの上に小さく描かれています。

絵がらは「裸の男性が膝くらいまで水に浸かって凍えている」様子を描いています。

水着もつけていない絵がらなのでちょっと怪しい・・・

産地

ビクトリア州 コールドストリーム

サイダー種別

アップルサイダー

アルコール度数

5.0%

IBU

なし

テイスティングノート

香り

栓をあけてもそこまで香りは立ちこめません

泡立ち

シュワっと泡立ちすぐに消えてなくなります

シャンパンゴールド

テイスト

一口目の印象は甘さひかえめでちょっとドライな感じ。

舌で味わうには少し水っぽい感じもします。後味にりんごの甘さがフワッと広がります。

全体的には甘さひかえめでドライな印象ですね。

おわりに

ちょっと水っぽいサイダーです。

食前にアッサリとしたアルコールを飲みたいときには良いかもしれません。

そこまでアルコールを感じないので女性にとっては飲みやすいサイダーです。

参考コールドストリームのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

CIDERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント