ホップの風味がうまい「モードオペランディ セッション アイピーエー」は何杯でもいける!

 

2012年に立ち上げられたまだまだ新しいブリュワリー、モード・オペランディ。

 

ビールを作るのにショートカットはないと言っています。

もちろんビジネスにもショートカットはなく、そのことをモード・オペランディはわかっており着実に一滴一滴を丁寧に醸造してパッケージングしています。

 

今回はそんなモードオペランディが作りあげたセッション アイピーエーを買ってみました。

IPA好きのわたしには嬉しい一本です!

 

MODUS ORERANDI SESSION IPA(モードオペランディ セッション アイピーエー)

モード・オペランディの「M」と「O」と上下につなげたデザインのラベル。

おそらく缶は同じものを使いまわしているのでしょう、「マジェスティック レオパード」と全く同じ缶でした。

そこに製品名のステッカーを貼り付けているようです。

製造コスト面からするとこちらが安いのでしょうかね。

産地

ニューサウスウェールズ州 モナヴェール

ビール種別

セッションIPA

アルコール度数

4.1%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

パイナップル、パッションフルーツのようなフルーティな香りが立ちこめます

グラスに注ぐと柑橘系の香りを感じることができます

泡立ち

フワフワの泡立ち

少しにごりのあるオレンジゴールド

テイスト

一口目の印象はフルーティな香りでホップの旨味が口の中をかけめぐる感じ。

二口目のビールでは舌で柑橘系の味わいを感じとれました。

ライト-ミディアムボディで口あたり軽やか。

ビールが舌の上を通ってのど元をすぎるころホップの旨味がフワッと口の中いっぱいに広がります。

後味にもホップの旨味の余韻をじっくりと楽しむことができます。

おわりに

ホップの風味がうまいビールです!

IPAの特徴的な苦味もそこそこあるけど、アルコール度数がそこまで高くなく飲みやすい。

味わいながら何杯でも飲んでしまいそうな一本ですね。

 

参考モーダス オペランディ ブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント