「フィクセイション オブセッション」はホップの香りと旨味がじんわり広がるセッションIPA!

 

大手ビール会社だといろんな種類のビールがあっても万人うけするために味が平坦になってしまいがちですよね。

一方、自分たちが「これだ!」と信じたビールを一心につくりこむクラフトビール会社は味や風味に妥協しません。

FIXSATIONもそんなクラフトビール会社の一つではないでしょうか。

IPAだけを追求しつくりあげていく。

素晴らしいビール会社です!

今回はフィクセイション オブセッション アイピーエーを購入してみました。

FIXATION : OBSESSION SESSION IPA(フィクセイション : オブセッション セッション アイピーエー)

会社名の「FIXATION」と製品名の「OBSESSION」がグリーン基調のラベルにかかれています。

その周りにホップの絵柄がちりばめられ右端に虫眼鏡がえがかれているデザイン。

お洒落とはいいがたいですがフレッシュなイメージは十分にあります。

産地

ニューサウスウェールズ州 バイロンベイ

ビール種別

セッションIPA

アルコール度数 

4.6%

IBU

36

テイスティングノート

香り

マンゴー、パッションフルーツの爽やかでフルーティな香り

泡立ち

泡立ちは良いのですが飲み進めるうちに消えてしまいます。

濁りのないクリアーなゴールドカラー

テイスト

一口ガブっと口に含んでフーッと鼻から息をぬくとモルトの香りがフワッと広がります。

きめこまやかな炭酸感でライトボディのIPAです。

ビールが喉元をすぎるころに使用されているホップ特有の苦味がじんわりとひろがります。

後味はすっきりとしています。

おわりに

ホップの香りと旨味がうまいセッションIPAです!

アルコール度数も通常のIPAにくらべるとひくめ。

ホップの旨味を味わいつつもガブガブ飲みたいときにはオススメのIPAです。

参考フィクセイションのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント