「ホップネーション プラグアンドプレイ レベルアップ」ガツンとくるパンチのある苦味が美味いIPA!

今回はホップネーション プラグアンドプレイ レベルアップ ウエストコースト IPAというビール。

もちろんラベルで手に取ったというのはいうまでもありません。

そして、ビールブロガーとして購入する強い気持ちにさせられるのは”リミテッドリリース”という魔法の言葉。

これをささやかれたら買わずにはいられなくなります(笑)

では、早速飲んでみることにします!

ビール詳細

HOP NATION BREWING CO. : PLUG & PLAY LEVEL UP WEST COAST IPA(ホップネーション : プラグアンドプレイ レベルアップ ウエストコースト IPA)

ホップが表示されているブラウン管テレビの顔の人がコンセントを抜いたがために消えかかってる?ラベル画。

いや、プラグアンドプレイなので逆か?

とにかく面白いラベルがであることに間違いなし、全体像はInstagramでぜひ!

ブリュワリー所在地

6/107-109 Whitehall St, Footscray VIC 3011

ビール種別

ウエストコースト IPA

アルコール度数

440ml、6.0%、2.1スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2022年1月7日、Best Before:2023年1月7日

テイスティングノート

香り

マンダリンオレンジのような柑橘の香り。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡が1cmほど立ち上がりました。

クリスタルクリアーな黄金色

テイスト

切れ味鋭いと言っていいのか、とにかくシャープなホップの苦味がガツンと炸裂する美味さ。

モルトの甘味もしっかりしておりボディを支えている感じですが、ホップとのバランスが抜群。

飲み干すと同時に後味には微かな酸味と苦味が順番に残り、ホップの余韻に浸れます。

ミディアムボディ、そしてキメの細やかなバブル感が舌触りを滑らかにしています。

おわりに

シャープな苦味でパンチがあって、これは美味い!

最近ではHAZY系IPAやペールエールばかり飲んでいるので、久しぶりに美味いウエストコースト IPAに出会った気がするのかな 笑

>>>「ホップネーション プラグアンドプレイ レベルアップ」に似たビール

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント