柑橘系の香り「アザーサイド ハーベスト レッドエール」は苦味よりモルトの甘味を楽しむビール

今回はエンジョイ★ビアーズ初登場ブリュワリーのビール、アザーサイドブリューイング ハーベスト レッドエールです。

 

もともと音楽祭のために一回限りのビール作りを行なっていた彼らですが、それから急速にジプシー(移動型)ブリュワリーとして成長しました。

そしてアザーサイドブリュワリーとブリューハウスをオープンさせるに至ったわけです。

 

このハーベスト レッドエール、もともとは同ブリュワリーの’Pilot Siries’として作られていたビール。

このシリーズで人気があったためにコアシリーズに格上げされているみたいです。

 

ビール作りに限らずどの分野においてもトライアンドエラーは必要なこと。

試行錯誤を重ねて作り上げられたハーベスト レッドエール、果たしてどんな味わいなのでしょうか。

OTHERSIDE BREWING CO. : HARVEST RED ALE(アザーサイド ブリューイング : ハーベスト レッドエール)

樽がぶら下がった気球がアザーサイドブリュワリーのアイコン。

この気球の色分けでコアレンジのビールは製品分けをしているようです。

このハーベスト レッドエールは2018年のAIBA(Australian International Beer Awards)にてブロンズメダル、また同年のPerth Royalでもシルバーメダルを獲得しています。

産地

Blaikie St, Myaree WA 6154

ビール種別

エール

アルコール度数

5.4%

IBU

表記なし

テイスティングノート

香り

プルタブを開けるとオレンジピールのような柑橘系の香りが立ちこめます

グラスに注ぐとオレンジピールのような香りとかすかにカラメルのような香りも感じます

泡立ち

ライトブラウン色のフワフワでコシのある泡が立ち上がります

ヘイジーなブラウンコッパーカラー

テイスト

ビールを口に含んでから鼻から抜ける香りはカラメルのような甘い香り

舌触りの良いきめの細やかな炭酸感。

鼻から息を抜いた後にまずホップの程よい苦味が広がり、その後にカラメルのような甘さがフワッと出てきて口の中を支配します。

後味にもそのカラメルのような甘さが残ります。

おわりに

苦すぎない苦味ですがちょっと甘味の強いビールです。

いつもトンがった苦味のIPAを飲んでいると余計に甘味を感じてしまうのでしょうかね。

でも、たまにはモルトの旨味をじっくり味わいながらビールを楽しむのもいいですね。

参考アザーサイドブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント