ガブ飲み間違いなし「パイレーツライフ スローバック」は普段飲みにもってこいのビール!

 

2014年、Jack Cameron(ジャック・キャメロン)とJared “Red” Proudfoot(ジャレッド・”レッド”・プラウドフット)。

そしてジャックの父Michael Cameron(マイケル・キャメロン)によって設立されたPirate Life Brewing

ジャックとジャレッドはスコットランドのBrewDogにてビール醸造のスキルを磨いてきました。

十分にビール醸造の知識を溜め込み、自分たち独自のクラフトビールを作る機が熟したことを知ると飛行機に飛び乗り西オーストラリア州へと舞い戻ります。

しかし、自分たちが追求してきたクラフトビールを作るということを成し遂げることは一夜にしてできるわけでもなく、準備に膨大な時間が必要でした。

そこで、ジャックは新しい醸造技術や方法を学ぶためフリーマントルにあるリトルクリーチャーズブリュワリーで働くことに。

レッドはマーガレットリバー地区のCheeky Monkey Brewry(チーキーモンキーブリュワリー)の立ち上げに関わることになります。

そして、今回はそんな2人が最初に作り上げた3つのビールのうちの一つ、パイレーツライフ スローバックを買ってみました。

PIRATE LIFE BREWING THROWBACK(パイレーツライフブリューイング スローバック)

缶のデザインは全体がクリーム色で統一されていてオレンジでロゴ、かなりシンプルにまとめられています。

こちらも缶の上部にはモルト、ホップ、温度などビール造りに欠かせない要因などが23個のアイコンと共に表示されています。

モルトはGolden Promise、Munich、Carapils、Crystalの4種類、ホップはSimcoe、NZ Cascade、Summerの3種類を使用。

産地

南オーストラリア州 アデレード ヒンドマーシュ

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数 

3.5%

IBU

35

テイスティングノート

香り

香りはあまり感じることはありません

泡立ち

真っ白ではないクリーム色の泡立ちです

濁ったアンバーカラー

テイスト

鼻腔に抜けるモルトの香り、そしてホップの苦味がゆっくりと舌の上に広がってきます。

後味にモルトのほのかな甘みと苦味が残りますが程なくして消えてます。

おわりに

ガブ飲み間違いなしです

IPAなので苦味はもちろんなのですがアルコール度数3.5%というミッドストレングスのビールなのでいくらでも飲めてしまいそうです。

参考パイレーツライフオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

「フィクセイション オブセッション」はホップの香りと旨味がじんわり広がるセッションIPA!
大手ビール会社だといろんな種類のビールがあっても万人うけするために味が平坦になってしまいがちですよね。 一方、自分たちが「これだ!」と信じたビールを一心につくりこむクラフトビール会社は味や風味に妥協しません。 FIXSATIONもそんなクラフト...

コメント