フルーティな香りで飲む気をそそられる「プランシングポニー ザ ツェッペリン」は口当たりまろやかなNEIPA

 

オーストラリアの南オーストラリア州で有名なブリュワリーと言えばクーパーズ

クーパーズの規模はオーストラリアで3番目ですが実は世界のどの大手ビールグループにも属していません。

今でも一族経営で独自の醸造法により美味しいビールを作り続けています。

そんなブリュワリーがある南オーストラリア州もクラフトビールの波が押し寄せ、今では数え切れないほどのマイクロブリュワリーが存在します。

マイクロブリュワリーがガンガン立ち上がっている状況で大手ブリュワリーもうかうかしてられませんよね。

Prancing Pony BreweryもホームブリュワーだったFrankと彼の妻Corinnaによって2012年12月に設立されました。

今回はそんなプランシングポニー ザ ツェッペリン オールホップ ニューイングランドIPAを飲んでみます。

PRANCING PONY BREWERY : THE ZEPPELIN ALL HOP NEIPA(プランシングポニー ブリュワリー : ザ ツェッペリン オールホップ ニューイングランド アイピーエー)

レッド・ツェッペリンを思わせるかのような気球船が描かれた絵柄。

そして髭を生やした青年が赤い帽子をかぶり、チェロを持って立っている絵柄が印象的なラベルデザインです。

おそらくですが、この「髭」は設立者のFrankにちなんだものなのかなと。

産地

サウスオーストラリア州 アデレードヒルズand トットネス

ビール種別

ニューイングランドIPA

アルコール度数

6.6%

IBU

56

テイスティングノート

香り

ピーチ、パッションフルーツのようなフルーティな香りが漂います

泡立ち

フワフワの泡立ちでキメも細やか

濁りのあるイエローゴールド

テイスト

ビールを口に含んでからの香りは栓を抜いた後の香りとは違ってホップのグラッシーな香りがふわっと広がります。

そして口中にジワっと広がるがNEIPAらしい控えめで爽やかなホップの苦味が美味い。

口当たりもソフトで後味もそのホップの風味は残り続けます。

おわりに

いや〜、とにかく香りがフルーティ。

ホップの旨味がギュッと凝縮され、グラスを口にするたびにそのフルーティな香りが飲む気をそそります。

尖がった苦味のIPAが苦手な方でもこのフルーティな香りがあれば大丈夫かも。

参考プランシングポニーブリュワリーのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント