「ピュアブロンド クリスプ アップルサイダー」はライトボディでキレ味抜群だけどちょっと物足りない

 

オーストラリア最大のビール醸造会社Carlton & United Breweries(カールトンアンドユナイテッドブリュワリーズ、通称CUB)

その1ブランドであるPure Blonde(ピュアブロンド)。

今回はピュアブロンド クリスプ アップルサイダーを買ってみました。

ピュアブロンドの「ウルトラ ローカーボ ラガー」はオーストラリアで出回っているビールと比較すると80%糖質カット、ワインより50%カロリー少なめ(100ml)というヘルシー志向なビールでした。

こちらのアップルサイダーも他のサイダーと比べ60%糖分カット、そして50%糖質カットというから驚きです。

このサイダー、りんごをクラッシュしてシャンペンイーストを使用して発酵させて作られているとのことです。

PURE BLONDE : CRISP APPLE CIDER(ピュアブロンド : クリス プアップルサイダー)

「ピュアブロンドウルトラローカーボラガー」と同様にグリーンスタビーに真っ白なラベル。

それにブランド名と製品名が入って両サイドにグリーンアップルがあしらわれているシンプルなものです。

産地

クイーンズランド州 ヤタラ

種別

アップルサイダー

アルコール度数

4.2%

IBU

なし

テイスティングノート

香り

かすかにフルーティな香りが漂います

泡立ち

グラスに注ぐとシャンペンのように勢いよく泡立ちますがすぐに消えます

イエローゴールド

テイスト

口に含んで鼻から抜ける香りもそこまで強くありません。

飲み口はかなりライトです。

グラスに注いだときに炭酸がかなり泡立っていましたが口の中でもかなりの炭酸感を感じます。

そして後口はドライでキレがあります。

おわりに

キレがあってスッキリしており飲みやすいサイダーです。

コクや旨味といった部分ではちょっと物足りない感じがします。

やはり、糖分・糖質を半分以上もカットしているのでかなりライトボディで薄めです。

参考ピュアブロンドのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

CIDERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント