【ビールの知識】「スタンダード ドリンク」とは?

 

オーストラリア国内のボトルショップ(こちらでは酒屋さんのことをボトルショップという)でアルコール飲料を購入すると必ず目にするのが、「ビールグラスやワイングラスの絵柄」と共に「数字」が描かれ、そして「Standard Drinks」と表記されている言葉です。

 

これらはそのアルコール飲料ボトル当たりのStandard Drinks(スタンダードドリンク)の値を表示しています。

 

例えば、購入したビールのラベルに「ビールグラス」の絵柄と「1.5」数字が表記されていたら、そのビール瓶一本で1.5スタンダードドリンクということを意味しています。

スポンサーリンク

スタンダードドリンクとは

オーストラリアでアルコール摂取量の目安として採用している言葉です。

 

「1.0スタンダードドリンク=純アルコール10g」ということです。

 

「純アルコール10g」は「純アルコール12.5ml」となります。

 

1スタンダードドリンク=純アルコール10g=純アルコール12.5ml

 

これは、アルコール飲料がビール、ワイン、カクテルなどどの種類、容量にかかわらず「1スタンダードドリンク」に含まれる純アルコールの量は「10g=12.5ml」を意味しているのです。

スタンダードドリンクの使用目的

オーストラリアでスタンダードドリンクを採用する目的は、スタンダードドリンクの数を数えていくことで自分がどれくらいのアルコール量を摂取したかを確実に把握するためです。

 

例えばアルコールを飲む際、「ワインをグラス1杯飲んだ」「ビールをスタビーで3本飲んだ」などと数えていくより、表記されているスタンダードドリンクの数を数えた方が覚えやすいですよね。

 

ワインやビールはそれぞれ種類がありアルコール度数もそれぞれちがってどれくらいの純アルコール量を含んでいるかも違います。

 

「ワインをグラス1杯飲んだ」「ビールをスタビーで3本飲んだ」などとカウントしていっても摂取したアルコール量が曖昧になってしまうからです。

スタンダードドリンクの算出方法

スタンダードドリンクの計算は

 

容量(l)x アルコール度数(%)x 0.789 = スタンダードドリンク

 

という計算方法で算出することができます。

 

例えば、容量375mlでアルコール度数3.5%のXXXX Gold(フォーエックスゴールド)の場合、

0.375 x 3.5 x 0.789 = 1.0355625

となります。

XXXX Goldを1本飲んだ場合には1スタンダードドリンクのアルコール量を摂取したこととなるわけです。

スダンダードドリンクのカウント方法

スタンダードドリンクのカウント方法はいたって簡単で表記されているスタンダードドリンクの数字を足していくだけです。

 

例えば、先ほどのXXXX Goldを1本飲んでさらに続けて容量375mlでアルコール度数4.9%のVictoria Bitter(ビクトリアビター、通称VB)を1本飲んだとします。

VBのスタンダードドリンクは

0.375 x 4.9 x 0.789 = 1.4497875

約1.4スタンダードドリンクのアルコール量となり、XXXX Goldと合わせて合計2.4スタンダードドリンクを摂取したこととなるわけです。

1スタンダードドリンクの目安

お店で購入したアルコール飲料であれば必ずスタンダードドリンクの表記があります。

 

そのため自分がどれくらいのアルコールを摂取したか簡単に計算できます。

 

しかし、レストランやバーでアルコールを飲む場合、ワインだったらワイングラス、ビールであればスクーナー(425ml)などと呼ばれるビールグラスで提供されスタンダードドリンクの表記がありません。

 

そのような場合、大まかな1スタンダードドリンクの目安として下記のようなアルコールの種類と容量を覚えておけば良いでしょう。

  • 425mlのライトビール(アルコール度数2.7%)
  • 375mlのミッドストレングスビール(アルコール度数3.5%)
  • 285mlのフルストレングスビール(アルコール度数4.8%)
  • 100mlの赤ワイン(アルコール度数13%)
  • 110mlの白ワイン(アルコール度数11.5%)
  • 30mlのウィスキーなどのスピリット(アルコール度数40%)

スタンダードドリンクと飲酒運転

オーストラリアでは一般的に血中アルコール濃度が0.05%以内であれば飲酒運転が認められています(細かい規定は州によっても若干違いがあったり運転する車種によっても違いがあります)。

 

個人差はありますが、人の肝臓が処理できるアルコールの量は、体重60〜70Kgの人で1時間に5〜9gくらいです。

 

短時間で1スタンダードドリンクを飲んだ場合、血中アルコール濃度は約0.02%、2スタンダードドリンクを飲んだ場合、血中アルコール濃度は0.05%を少し下回るくらいまで上昇します。

 

1時間に最大で9gのアルコールが分解されたとすると、1時間後には血中アルコール濃度は約0.03%まで下がっている計算になります。

 

その後1時間に1スタンダードドリンクくらいであれば血中アルコール濃度は0.05%を下回っている計算になるわけです。

 

例えていえば、最初の1時間でXXXX Goldスタビー375ml(ミッドストレングス)を2本飲み、その後さらにXXXX Goldを1時間に1本くらい飲んでも警察の飲酒検問でもひっかからないかもしれないのです。

おわりに

スタンダードドリンクを理解することによりアルコールの摂取量も把握しやすくなりますね。

 

また、上記で述べたようにオーストラリアでは規定値以内の飲酒運転が認められていますが、規定値以内だからといって飲酒運転を推奨するわけではありません!

 

やはり、日本のように飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!をきちんと守りたいものですね。

 

ビールのことを知って、もっと楽しく、もっと美味しく!

コメント