「レンジブリューイング ヒア ウィ ゴー アゲイン」6種類のホップが複雑に絡み合った美味さ!

今回はまたもやレンジブリューイングのビール、ヒア ウィ ゴー アゲイン IPAです。

いや、もうレンジブリューイングのビールたち、止まりません。

今回も楽しみです、早速飲んでみましょう。

ビール詳細

RANGE BREWING : HERE WE GO AGAIN IPA(レンジブリューイング ヒア ウィ ゴー アゲイン IPA)

お馴染みのステッカーを貼り付けたタイプのラベルです。

使用ホップ:Citra、Lupomax、Mosaic、Cryo、Simcoe、Amarillo

ブリュワリー所在地

4 Byres St, Newstead QLD 4006

ビール種別

IPA

アルコール度数

440ml、6.4%、2.2スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2022年2月17日、Best Before:2023年2月17日

テイスティングノート

香り

レモン、そしてグレープフルーツのような柑橘の香り、またライチのような香りも感じます。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡が1cmほど立ち上がりました。

濁りのある淡い山吹色

テイスト

一口ビールを口に運んだ瞬間からホップのジューシーでトロピカルな旨味が広がります。

その後ジューシーさから青々しさを感じさせる苦味へと変化。ただ、その苦味は強烈!っとまではいかないくらいのマイルドさ(IPAばかり飲んでるから苦味に慣れすぎたのか?)。

後味は若干の苦味が舌に残るものの意外にもスッキリしており飲みやすさを感じます。

キメの細やかなバブル感の炭酸、ミディアム-ローなボディでこれまでに飲んできたIPAに比べるとその強烈な苦味に対抗するかのようなモルティでヘビーさはそこまでありません。

おわりに

6種類のホップが複雑に絡み合ったかのようなホップの風味が美味いIPA。

一般的なクリアーなIPAというよりHAZY系のビールで私好みでした。

>>>「レンジブリューイング ヒア ウィ ゴー アゲイン」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント