本当にクラフトビール?「スチームレール ゴースト オブ エア」は香りも味わいも残念なビール

 

新しいビールを発見したらすぐに手を伸ばしたくなるのはビール好きだったら当たり前。

普段行かない大手スーパーマーケット系列のボトルショップへフラリと立ち寄ったら、見たことのないラベルを発見、すぐに買ったのはいうまでもありません。

今回はスチームレールブリューイング ゴースト オブ エア ペールエールというビールです。

グーグルで検索してブリュワリーのウェブでは「Site coming soon」と表示されるばかりでビールの情報は出てきません。

そこでビールニュースなどを見てみると、「coles」というオーストラリアの大手スーパーマーケットグループが手がけているビール事業のようなのです。

まぁ、私自身ビール自体が美味しければ大手ビール会社であろうとマイクロブリュワリーであろうとかまわないと思っていますが。

スポンサーリンク

ビール詳細

STEAMRAIL BREWING GHOST OF EYRE PALE ALE(スチームレールブリューイング ゴースト オブ エア ペールエール)

ボートに乗ったヒゲを生やした二人のおじさんが印象的なラベルデザイン。

製品名「Ghost of Eyre」、南オーストラリア州にエア湖という湖があるのですが、そこの「幽霊」なのでしょうか。

デザインもオシャレに仕上げている感じでパッと見ても大手ビール会社のビールとは思わないかもしれません。

実際に私がどこのクラフトビール会社だろうってすぐに手を伸ばしたくらいですから。

産地

ビクトリア州 メルボルン

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

4.5%

IBU

25

テイスティングノート

香り

ペールエールにしてはフルーティな香りは全くしません、少し酸味を感じ、どことなくラガーを感じさせる香りもします。

泡立ち

少し粗めの泡立ち

ヘイジーとまでいかないが濁っていて淡いオレンジゴールド

テイスト

ビールを口に含んでもホップのフルーティな香りや青々しい香りを感じることはありません。

きめの細やかさを感じるほどの炭酸感ではありませんが、刺激があるわけでもない普通のビールの炭酸という感じです。

ホップの旨味や風味という味わいより酸味を余計に感じてしまいます。

後味に甘味をほんのりと感じ取ることはできます。

味わいはどちらかというとラガーのような味わいです。

おわりに

クラフトブリュワリーが作るビールと比べるとかなり期待外れのビール、残念です。

やっぱり大手の作るビールでマスプロダクトといったところ、味が平坦で面白みがない。

参考スチームレールブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

コメント