ローストモルトの旨味が凝縮された「ホワイトラビット ダークエール」は癒されたい夜に飲みたいビール!

 

オーストラリア西海岸の都市Perth(パース)で生まれたLittle Creatures Brewing。

その姉妹ブランドであるWhite Rabbit Breweryはパースとは全く正反対に位置するオーストラリアの東海岸のMelborune(メルボルン)で誕生しました。

私も一度はパースにビールを飲みに行きたいなと考えていました。

パースは私の住むオーストラリア東海岸からは距離も遠く、時間もお金もかかるのでおいそれと簡単にはいけずちょっと躊躇してしまいます。

しかし、このWhite Rabbit BreweryがメルボルンのLittle Creatures Brewingジーロン醸造所内にあるのを知ってしまうと、そこに行けば二つのブリュワリーを一度に楽しめるじゃないかと思ってしまうのは私だけではないはず。

今回はそんなことを考えながら、ホワイトラビット ダークエールを買ってみました。

WHITE RABBIT : DARK ALE(ホワイトラビット : ダークエール)

生い茂る森林の中をうさぎが駆け巡っている絵柄が素敵です。

産地

ビクトリア州 サウスジーロン(リトルクリーチャーズ ブリュワリー内)

ビール種別

ダークエール

アルコール度数 

4.9%

IBU

27

テイスティングノート

香り 

チョコレートのようなカカオの香りを感じます。

泡立ち

少しブラウンがかった泡立ちですがほどなくして消えます。

ほぼ真っ黒に近いのですが、光をあてるとかすかに向こう側が見えるくらいのダークブラウンカラー。

テイスト

口に含んで鼻腔に抜ける香りはエスプレッソのような香り。

飲み進めると苦味を感じるのですが、この苦味がホップから来ているにも関わらずコーヒーの苦味のような味わいです。

後味にローストされたモルトのカラメルのような甘みも残ります。

おわりに

時間をかけてそのリッチな旨味を味わい心身ともに癒されたい時に飲みたいビールです。

また気温が低くなってくる秋口にじっくりとその味わいを楽しんでほしい、そんなビールです。

参考ホワイトラビットブリュワリーのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント