AIBAでチャンピオンを受賞した「ホワイトラビット ホワイトエール」は口当たりが滑らかで飲みやすい!

 

リトルクリーチャーズ ブリューイングの姉妹ブランドブリュワリーであるホワイトラビット ブリュワリー。

ホワイトラビットと聞いて私が最初に思い描いたのは、ルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』に登場する、擬人化されたうさぎのキャラクターでした。

日本語でググってみると最初に出てきたのは「伊坂幸太郎」さんのと「グラブル」というゲームの記事ばかり・・・。

やっぱりオーストラリアのクラフトビールで出てくる記事はありませんでした(笑)

今回はそんなホワイトラビット ホワイトエールを買ってみました。

こちらのビール、2017年のAIBA(Australian International Beer Awards)のドラフトビール部門でチャンピオンを受賞、また同年Belgian Wit部門でも金賞を受賞しているビールでもあります。

ビール詳細

WHITE RABBIT : WHITE ALE(ホワイトラビット : ホワイトエール)

ラベルは夜の森の中を一匹の白ウサギが駆け回っている絵柄です。

産地

ビクトリア州 ヒールスヴィル

ビール種別

ホワイトビール(ヴァイツェン)

アルコール度数 

4.5%

IBU

15

テイスティングノート

香り

柑橘系、特にオレンジピールのような香りを感じます

泡立ち

泡立ちはそれほどよくありません。

白く濁った淡いイエローゴールドカラー

テイスト

口に含んで一息鼻から息を抜くとモルトの香りが鼻腔を駆け抜けます。

飲み進めるとちょうど良い炭酸感を感じながら、心地よい酸味が舌の上を駆け巡ります。

後口にはモルトの甘みがかすかに残ります。

苦味は飲んでいる際によく探さないと分からないくらいかすかにしか感じ取ることができません。

おわりに

口当たりもソフトでとても飲みやすいホワイトビールです。

ビールの苦味が苦手な人はこのようなベルギースタイルのホワイトビールにチャレンジしてみるとビールのイメージが変わるかもしれません。

参考ホワイトラビットブリュワリーのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

たくさんのクラフトビールを紹介していくためにサポートお願いします!

Buy Me a Coffee

SOUR/GOSE/OTHERビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ