上品なモルトの旨味がある「ホワイトラビット ペールエール」はじっくり味わって飲みたいビール!

 

Little World Beverages Pty Ltd(リトル ワールド ビバレッジ)が2009年3月より展開する2番目のブランドWhite Rabbit Brewery(ホワイト ラビット ブリュワリー )。

んっ、2番目のブランド?

そう、2番目のブランドなんです。

勘の良い人なら写真のボトルに刻印されたマークでピンっときたはず。

あの天使がビールジョッキを持っているロゴマーク(!)

どこかでみたことありますよね。

そうです、1番目のブランドとはLittle Creatures Brewing(リトルクリーチャーズ ブリューイング)なのです。

しかし、この二つのビール会社はブランディングも製品も明確に区別されています。

ホワイトラビットブランドが作られる醸造所のオペレーションはリトルクリーチャーズに比べ極々小規模なものとなっています。

今回はそんなホワイトラビット ペールエールを買ってみました。

WHITE RABBIT : PALE ALE(ホワイトラビット : ペールエール)

森の中を一匹の白ウサギが駆け抜けようとしている絵柄が印象的です。

絵柄の周りに纏わり付くように描かれているのはホップのツルでしょうか。

産地

ビクトリア州 ヒールスヴィル

ビール種別

ペールエール

アルコール度数 

4.9%

IBU

29

テイスティングノート

香り 

かすかにオレンジピールのような香りが漂います

泡立ち

フワフワの泡立ちですが程なくして消えます。

濁ったオレンジアンバーカラー

テイスト

口に含んで最初に鼻に抜ける香りはモルトの香り。

次にちょっと強めの炭酸感とスパイシーさを舌で感じます。

その後おって苦味が舌の上に広がり、スーッと引いていくと同時にモルトの甘みがフワーッと広がる感じです。

おわりに

それほどパンチの効いたビールではありません。

どことなく上品な味わいのペールエールです。

しかし、リトルクリーチャーズのビールと似ている感も否めません。

参考ホワイトラビットブリュワリーのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALE ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント