「ウルフ オブ ザ ウィロー フルムーン パーティ」口当たり軽くリフレッシュ感溢れるビール!

可愛いオオカミのロゴマークのブリュワリーといえば、ウルフ オブ ザ ウィロー

今回はそのブリュワリーのフルムーン パーティ マンゴー ペールエールというビールです。

ビール名からしてもなんかトロピカルな印象。

では、早速飲んでみることにします。

ビール詳細

WOLF OF THE WILLOWS : FULL MOON PARTY MANGO PALE ALE(ウルフ オブ ザ ウィロー:フルムーン パーティ マンゴー ペールエール)

ラベルはステッカータイプのものでオオカミが満月と会話している絵柄。

シルバー缶にステッカーを貼り付けたタイプですが、全体像はInstagramのショート動画でぜひ。

ブリュワリー所在地

39 De Havilland Rd, Mordialloc VIC 3195

ビール種別

ペールエール

アルコール度数

355ml、3.8%、1.1スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:-

Best Before:2023年2月8日

飲んだ日:2022年8月24日

テイスティングノート

香り

柑橘の香りはさほどなく、ピーチやネクタリンのような甘い香りを強く感じます。

もちろんマンゴーの風味も微かにですが感じます。

泡立ち

あまりよくありません。ビール表面に5mmほど立ち上がりましたが程なくして消えました。

濁りのあるイエローゴールド

テイスト

まずはモルトの軽い味わいが広がったかと思うとまだ熟していないグリーンマンゴーのような青々しさのある風味が出てきます。

苦味は後味にかけて出てくる感じで、その青々しい風味の中にホップの苦味が溶け込んでいるかのような僅かな苦味。

口当たりがとても軽く、感じる苦味もそこまで後味に尾を引くのではなくスッキリとしていてとてもキレのある感じ。

少し舌を刺すようなちょっと刺激のあるミディアムな炭酸感、そしてミディアムライトなボディ。

おわりに

口当たりスッキリしていて、リフレッシュ感溢れる味わい。

今回はゆっくりと味わいながら飲んでみましたが、ブログに記録を残す必要がなければ一気に2本ぐらい飲めそうです。

>>>「ウルフ オブ ザ ウィロー フルムーン パーティ」に似たビール

 

>>>「ウルフ オブ ザ ウィロー」の他のビール記事を見たい方はこちら↓↓↓

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント