「27 サウス ブリューイング エース」クセのある苦味が特徴的なHAZYな濁りはないIPA

今回はブログ初登場となるブリュワリー、27 サウス ブリューイングエース ヘイジー IPAというビールです。

「27」というロゴが目についたのと、ビールタイプがHAZYということでついつい手に取ってみました。

一体どんなブリュワリーでどんなビールなのか?

早速飲んでみたいと思います。

ビール詳細

27 SOUTH BREWING : ACES HAZY IPA(27 サウス ブリューイング:エース ヘイジー IPA)

Nick Curry氏とAngus Brown氏の二人がジプシーブリュワーとして立ち上げた同ブリュワリーのようです。

これからどのように展開していくのか楽しみですね。

元記事はThe Crafty Pint(英語です)

ラベルは特にアートなど描かれておらず、ブリュワリーのロゴである「27」が大きく描かれているだけのシンプルなもの。

そして、それをプリントしたステッカーを真っ白の440ml缶にステッカーを貼り付けただけのもの。

あまりデザイン性はないのですが、取り敢えずInstagramに全体像はアップしています。

使用ホップ:Sorachi Ace、Mosaic、Strata、El Dorado

使用モルト:Atlas、Schooner、Malted Wheat、Malted Oats、Carapils

ブリュワリー所在地

ジプシーブリュワリーのため所在地はありません。ブリスベンのどこかのようです。

詳しくはウェブサイトをご覧ください。

ビール種別

IPA

アルコール度数

440ml、7.5%、2.4スタンダードドリンクス

IBU

製造日

パッケージ日:2021年11月2日

Best Before:2022年11月2日

飲んだ日:2022年7月8日

テイスティングノート

香り

パイナップル、パッションフルーツ、松のような香りを感じます。

泡立ち

キメの細やかなふわふわの泡が2cmほど立ち上がりました。

ほとんど濁りのないオレンジゴールド

テイスト

まず松の風味豊かな香りが広がり、わずかにアルコール臭をツンと感じます。

それからホップの苦味がじわりじわりと広がり、それと同時にモルトの甘みも広がります。

苦味はちょっとトゲがあってクセのある感じでまろやかという感じではありません。

後味には若干の苦味が残りますが、最後はスキっとキレを感じさせるかのようになくなります。

ふわふわの泡からわかるようにクリーンで滑らかな舌触りですが、舌を刺激するような炭酸感でミディアムボディ。

おわりに

HAZYとあり、個人的に好きなビールタイプなのでちょっと期待して飲んだんですが、蓋を開けたらクセのある苦味が効いたIPAの味わいでした。

>>>「27 サウス ブリューイング エース」に似たビール

 

 

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

NEIPA/HAZY IPAビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント