海外でも評価の高い「フォーパインズ ペールエール」は口当たりが滑らかでじっくり味わいたいビール!

 

父と子のちょっとした会話から立ち上げに至った4 Pines Brewing。

ブリュワリー自体は2008年にマイクロブリュワリーとしてニューサウスウェルズ州のマンリーにて設立されました。

2010年には宇宙開発会社Saber Astronautics Australiaとのパートナーシップのもと、初めての宇宙認定ビール(?)の開発に取り組んだそうです。

そして、2011年にはBrookvale(ブルックヴェール)に50hL(50ヘクトリッター=50,000リッター)醸造と瓶詰めできる施設を建てます。

また極少量の「Keller Door」用の新しい醸造施設を開設し、2014年初めにはさらに増設しています。

今回はそんなフォーパインズブリュワリー  ペールエールを買ってみました。

このビール、2012年のLondon International Beer Challenge(ロンドンインターナショナルビアチャレンジ)で金賞を受賞しています。

ビール詳細

4 PINES BREWING : PALE ALE(フォーパインズブリューイング : ペールエール)

ブリュワリー名にもなっている「PINES」、ラベルに絵が描かれているのでピンときた人もいると思いますが、木材で言うパイン材のPINEで日本でもお馴染みの「」です。

王冠にも4本のパインがプリントされています。

産地

ニューサウスウェールズ州 ブルックヴェール

ビール種別

(アメリカンスタイル)ペールエール

アルコール度数 

5.1%

IBU

35

テイスティングノート

香り 

フルーティな香りがかすかに香り、グラスに鼻を近づけるとモルトの香りを楽しめます

泡立ち

泡立ちもよくクリーミーで飲み進めてもそれほど消えません。

若干白く濁ったアンバーゴールド

テイスト

モルトの甘い香りが鼻腔に抜け、程よい炭酸感を舌で感じた後苦味が舌の上に広がります。

後味にはモルトのカラメルのような甘味がじんわりと残り、舌の上に広がった苦味がスーッと消えていきます。

おわりに

飲みやすい!第一印象はそう感じました。ホップの苦味、モルトの甘味、程よい炭酸感ととてもバランスが取れていて口当たりも滑らかです。330mlスタビーではちょっと物足りなくなるくらいじっくりと味わいたいビールだったので、今回500mlボトルを買って正解でした。

参考フォーパインズオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

たくさんのクラフトビールを紹介していくためにサポートお願いします!

Buy Me a Coffee

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ