パインニードルの強い香り「アカシャ ホップスミス」はガツンとくるホップの苦味を味わえるビール!

人間って「Like-minded」の人といると居心地いいですよね。

日本語でいうと「類は友を呼ぶ」って事ですね。

ビール作りに関してもビールに何かしらの情熱を持っている人たちが集まってこそ美味しいビールが作れるってことではないでしょうか。

今回はそんな風に人生がビールって人たちによって作り上げられたアカシャブリューイング ホップスミス インディアペールエールです。

前に飲んだアカシャブリューイングのビールはこのホップスミスの弟分に当たるセッションIPAでした。

AKASHA BREWING COMPANY : HOPSMITH IPA(アカシャ ブリューイング : ホップスミス インディアペールエール)

ラベルはグリーのバックにホップの絵柄が描かれており、ブリュワリー名と製品名が書かれているシンプルなもの。

製品名の「Hopsmith」はブリュワリー名の横に縦書きされています。

産地

10-12 Spencer St, Five Dock NSW 2046

ビール種別

インディアペールエール

アルコール度数

7.2%

IBU

60

テイスティングノート

香り

プルタブを開けると柑橘の爽やかな香りを感じます。

グラスに注ぐとパインニードルのような香りをかすかに感じます

泡立ち

真っ白でフワフワの泡がグラストップまで立ち上がり少しずつ消えていきます

かすかにヘイジーでライトアンバー

テイスト

ビールを一口口に含んでから鼻に抜ける香りはパインニードルの強い香り。

香りを感じた後にかすかにアルコール臭が鼻につきます。

ホップの苦味とかすかに感じる甘味がジワッと口の中に広がります。

ビールを飲みきってからの後味はどことなくグラッシーな青々しい味わいが残ります。

おわりに

リトルスミスのヘビー版、時間をかけてガツンとくるホップの苦味を味わえるビールです。

アルコール度数が高いので間違ってもリトルスミスのようにガブガブの飲んではいけません。

ゆっくりと時間をかけて楽しみましょう。

参考アカシャブリューイングのオフィシャルサイト(英語のみ・外部サイトになります)

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

エンジョイ★ビアーズが選ぶ お薦めIPAランキング!
注目の1位は KAIJU BEER : AFTERMATH

2012年、Golden Axeというサイダーの製品化から始めたKaiju Beer。

その後アメリカンスタイルのホッピーなビールを見つけ出すことができずに自分たちで作った最初のビールがこのAftermath。

当時オーストラリアで作られていたクラフトビールの中でも驚くほどIBU値とアルコール度数の高いビールでした。

2位は HOP NATION : JEDI JUICE

2015年最初のIPAをリリースしたホップネーション。

メルボルンがベースからなのか、彼らのリリースするビールたちはラベルのデザインもさることながら、味わいにも一切の妥協なし。

そんな彼らのビールの中核をなす一本がこのNEIPA。

3位は PIRATE LIFE : MOSAIC IPA

ワインの名産地としても知られる南オーストラリア州で2014年に創業したPirate Life Brewing。

クラフトビール業界では後発ながらも急成長した同ブリュワリーのMosaicホップのみを使用したシングルホップIPA。

このIPAを飲むことであなたもMosaicホップの真の味わいを知ることになるはず。

IPA ビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ

コメント