「アヴェンジ ブリューイング パパ ベアー ペールエール」クセのある苦味だけどガブガブ飲めるビール!

今回シリーズで紹介してきたアヴェンジ ブリューイング4本目となるビールはパパ ベアー ペールエールです。

いいですよ、これまでに3本飲んできてハズレはない感じです。

では、早速4本目飲んでみましょう。

ビール詳細

AVENGE BREWING : PAPA BEAR’S PALE ALE(アヴェンジ ブリューイング:パパ ベアー ペールエール)

ラベル

ビールスタイル

ペールエール

アルコール度数

375ml、4.3%、1.2スタンダードドリンクス

IBU

ブリュワリー

AVENGE BREWING

2023年10月現在はジプシーブリュワリー、Killer Sprocket Breweryの設備を借りてビールを醸造中。

テイスティングノート

香り

レモンのような爽やかな柑橘の香り。ピーチ、バニラのような香り。

泡立ち

真っ白でフワフワの泡が1cmほど立ち上がりました。

クリスタルクリアーなオレンジゴールド。

テイスト

まずモルティーなアロマが広がり、甘みのある味わいがジュワーっと口中に広がります。

その後ホップの軽やかな苦味がフワッと現れてきてモルトの味わいと入れ替わります。

ただ、飲み終わりに連れてその苦味はジワジワと増大していき、後味にはその苦味がずっと残り続けます。

きめの細やかなミディアムなバブル感、ミディアムライトなボディで飲み口は軽やか。

おわりに

ちょっと苦味にクセがあるのかなと感じましたが、飲み口は軽やかでガブガブと飲み干すことができます。

今回まで4本連続してアヴェンジ ブリューイングのクラフトビールを紹介してきましたが、総じて作り込まれているビールだと感じました。

機会があればぜひ皆さんも飲んでみてください。

たくさんのクラフトビールを紹介していくためにサポートお願いします!

Buy Me a Coffee

PALE ALEビールを飲む
記事が気に入ったらシェアしよう!
エンジョイ★ビアーズ